クルーズのお部屋選びで書いた通り、泊まったお部屋は1632号室でした。

Dec10にあるバルコニールームです。

Superior Ocean View Stateroom with Balconyという部屋で、203平方フィート、つまり18.8平米です。普通のビジネスホテルのツインくらいです。

感想を言うと、船全体と切り分けて、お部屋自体がどうだったかというと、泊まって満足でした。

Mariner of the Seasは、Dec15まであります。そのうち、客室はDec2,Dec3 とDec6 – 10までにあります。

 

船の揺れについて

波による揺れは感じませんでした。上陸しても、揺れが残って、自分が揺れてる感じがするようなことはありませんでした。

エンジンの振動による揺れは感じました。

ちなみに、泊まった部屋は後方だったのですが、後方だと煙突に近く、つまりエンジンルームの真上に近いので振動が大きいそうです。

個人差があるので、振動についてはなんとも言えませんが、まあ普通にぐっすり寝られました。ガラスのテーブルにコップを置くと振動でカタカタと音がすることもありました。まあ、バスのほうがよっぽど揺れます。

 

バルコニーについて

外洋に出ると基本水平線が見えるだけなので、出港と入港が近いときに外を眺めたり、写真のようにバルコニーで朝食をしたりする感じですが、バルコニーに出るタイミングは基本出入港の時だけなので、外を見ていると、結構両隣の人と会います。

バルコニーがあると楽しいというか面白いというか、結構外を見ているだけでも飽きないものです。

昼間は基本的に上陸している訳ですが、それ以外の時間についても、ショーを見たり、食事をしたり、プール(&ジャグジー)に入ったり、部屋の外でやることは大量にあるし、図書室とか、カフェとか居場所も大量にあります。バルコニーがなくてもそういう意味では一切不自由はないと思います。

でも、窓もない内側のお部屋だと、160平方フィート(15平米)とかなので、スペース的に、スーツケースを広げるのがベッドの上になるんじゃないでしょうか。安めのビジネスホテルなら、そんな感じだと思うので、想像できると思います。

 

ルームサービス

朝食のルームサービスは無料と有料がありました。メニューの写真も取ってないのですが、惹かれるメニューがなかったので、Dec11のWindjammerというビュッフェから自力でお皿を部屋まで持ってきました。ちなみに、お部屋の外に、みんな(Windjammerで使っている柄の)お皿を出していたので、考えるコトは皆同じです。

 

Dec11はDec10のすぐ上の階で距離的に近いので持ち運びがし易いですが、別にDec10とかじゃなくても、どのDecだろうと、自力でバルコニーで朝食ができます。というのも、Dec5にカフェがあって、Dec11にビュッフエがあるのですが、バルコニールームはDec6-10までにしかないので、どの階だろうとそれほど遠くありません。

ただ、小さい子供がいるとルームサービスは便利だと思います。