JALのマイルが貯まったので、ちょっとだけリッチにプレミアムエコノミークラスで、シンガポールまで行く事にしました。

ちなみに、JALカード 結構マイルが貯まります。

シンガポール旅行の場合、「アジア2」カテゴリーで、エコノミーの場合、通常期35,000マイル、ディスカウントだと29,000マイル必要ですが、特に、優待店だけで買い物するとか特別なことをしなくても、これだけ貯めるのに2年は必要ありません。

シンガポールでは、ロイヤルカリビアン社のクルーズを利用して、クルーズ初体験です。
シンガポールを出発して、マレーシアのペナン島、ポートクラン(クアラルンプール)とタイのプーケット島に行って、シンガポールに帰ってくる5泊6日のクルーズです。

※クアラルンプール寄港は、ランカウイに行き先変更になりました。

ちなみに、その後1泊だけですが、プールで話題のマリーナベイサンズに宿泊します。
パック旅行じゃ無くて、ダイレクトに予約する場合は、ホテルズドットコムなんかが安いです。

 

ちなみに、JALパック 海外ツアーで、タイとシンガポールを回るプランなんかだと、2泊ずつ計4泊のプランで、一人あたり20万超えしてくるので、圧倒的にクルーズの方が安いです。しかも、寝ている間に目的地に着くのでラクチンです。

 

クルーズの予約

今回は、ロイヤルカリビアン社のサイト(正確には日本の代理店のサイト)からダイレクトに予約しましたが、特典航空券が無い場合は別途航空券が必要なので、日本航空 国際線のサイトなんかでチケットを別途確保する必要があります。

 

航空券が無い場合は、クルーズ専門の旅行会社のベストワンや、大手旅行会社のJTB阪急交通社近畿日本ツーリストのクルーズ専門部門等を利用する方法もあります。

 

金額的なことを言うと、当然、ロイヤルカリビアン社の場合、旅行会社を通すと高くなりますが、プランによっては、添乗員同行ツアーがあったり、送迎予約が出来たりします。ロイヤルカリビアン社は英語で運行されている船だから、添乗員同行ツアーなんかだと色々と違います。ただ、今回のように、後泊してマリーナベイサンズに宿泊するとかいうパターンだと、ジャストのプランを見つけられなければ、直接、旅行会社に出向いてオリジナルプランを組んで貰う必要があります。

添乗員同行ツアーでなくとも、日本語スタッフが乗船する船もあります。こちらのスタッフは船会社所属のスタッフなので、旅行会社を通さなくても大丈夫です。

 

 

直接予約について

日本語のサイトを見る限り、アジアクルーズの場合、サイトから直接予約が出来るのはロイヤルカリビアン社だけじゃ無いのかと思います。アジアツアーの場合、ロイヤルプリンセスやスタークルーズなども有名ですが、代理店に連絡してくれと書いてありました。直接予約の方が簡単なので、今回は直接予約しました。

直接予約の場合、部屋をもっと細かく選べます。こちらについては、別記事にて書いています。

 

 

ロイヤルカリビアン社のルート

ロイヤルカリビアン社の場合、アジアクルーズの発着地は深セン、香港、宝山(上海の港)、天津、そしてシンガポールの5箇所です。

出港地 行き先 その他
宝山、天津 九州 いわゆる爆買いツアー
深セン、香港 台湾やベトナム 香港島の上が深センなので、出港地はほぼ同じ
シンガポール タイとマレーシア

こういう基本設定です。

日本発着の船で国内観光ならまだしも、宝山まで行って日本観光をして宝山に戻るとかナンセンスすぎるので、そもそも日本語のアジアクルーズのパンフレットには、香港とシンガポール発着のものしか載ってません。

だから、台湾・ベトナムコース or タイ・マレーシアコース 好きな方を選ぶと自動的に発着地が決まります。

 

 

船の種類

ロイヤルカリビアン社のアジア発着クルーズは

クアンタムクラス ボイジャークラス
Quantum of the Seas
Ovation of the Seas
Voyager of the Seas
Mariner of the Seas

計4隻あります,

 

基本的には母港の関係で、現在の所は

香港発着 シンガポール発着
Voyager of the Seas
Ovation of the Seas
Mariner of the Seas
Voyager of the Seas
Ovation of the Seas
母港の関係でシンガポールはMarinerが圧倒的です。

船自体は、クアンタムクラスが16万8千トンなのに対し、ボイジャークラスは13万8千トンなので、船内の娯楽もクアンタムクラスの方が沢山あります。ただ、大きい船だと、人数も多いので、乗り降りにも時間がかかります。

 

前述の通り、シンガポール発着のクルーズはほとんどがMarinerなので、クアンタムクラスに乗りたいなどという場合は、発着地を変えた方が無難です。

 

次回:お部屋選び編に続く