前置き

離島に引っ越しすると、船での輸送になるから、コンテナが必要です。

 

引越運賃の大部分をコンテナが占めるので、
小さいコンテナであるほど、劇的に安くなります。

 

東京~奄美大島の場合、
奄美大島航路を設定している「マルエーのサイトによると
コンテナサイズには
10、12、20フィートとありますが、
2tロングで引越の場合、12フィートコンテナで余裕で収まります。

 

※ちなみに、2tロングとは、引越のサカイで言うところの「Kタイプ」です。

 

値段を気にしている方のために・・・

このサイズに納めると、50万程度に収まると思いますが、

このサイズを超えると、70万とかに一気に上がると思います。

15万刻みとか、そういうレベルで上がると思います。

 

 

単身の場合、普通に考えて2tロングで収まらない荷物があるとは思えませんから、

問題になるのは、家族の場合だと思います。

 

 

普通、見積もりを頼むと、

  • 2tロング + 2tショート (Hタイプ)
  • 4tトラック

このどちらかになると思います。

サカイのサイトにある通り、
4tトラックは 前面道路5m以上が必要なので、
大抵は、2tロング + 2tショートの組み合わせだと思います。

 

 

1回引っ越しの荷物を積めば分かりますが、
2tショートいらないじゃん!
頑張ったら、2tロングに全部はいるじゃん!

って感じになります。

 

 

だから、頑張って2tロング一杯に積み込める状態にしてもらえれば
引越代金が下がるわけです。

※文字通り、一杯まで積み込むと、移し替えられないこともあるので、限度がありますが・・・・

 

 

そのためにはどうすれば良いか

これがこのブログの本題です。

 

実践編

注意点

普通は、大きめに言ってきますが、

「このトラックで大丈夫だと思ったけど、積み残しができちゃいました」ってなる訳にいかないので、

大きめに言ってくるのは当然です。

だから前もって、「積み残しは粗大ゴミで出します」等、宣言しておく必要があります。

どうすれば一杯まで積めるか

答えは単純です。

  • 段ボールに全部入れる
  • 組み立て家具は分解する
  • 衣類・布団は圧縮パックに入れる

この3点です。

 

 

組み立て家具の分解 これはスペースが減るわけですから当然有効です。

圧縮パックも同じ理由です。

 

→圧縮する前の衣装を入れていた家具はどうするのか、これは後述します。

 

 

引越業者としては

「一杯積み重ねたら、一番下が圧迫されて壊れた」

とかの事態を避けたいわけです。

 

だから、

  • 壊れたら困る洗濯機などの上には一杯積んでもらえない
  • プラスチック製の衣装ケースとかもそれだけを一番上まで積んでもらえない

わけです。

 

 

そうすると、

結果的にトラックの上半分はかなり空いてる

って事になってしまいます。

※洗濯機、自転車等どうしようもない構造のものもでてきます。

 

 

前述の

衣類を入れていた家具についてはどうするか

もう分かると思います。

  • タンス等しっかりしたものであれば持って行く
  • 組み立てなら分解して持って行く
  • プラスチック製の衣装ケースなら様子で適宜積んでもらう

こうなるわけです。

 

ちなみに

  • プラスチック製の衣装ケースなら現地で内地と同じ値段で買えます
  • しっかりした家具は内地より高いです

場合によったら、組み立て前のものを買って持って行っても良いくらいです。

 

 

段ボール

(キチンとふたの閉じた)段ボールに入れれば、天井一杯まで段ボールを積み上げてくれます。

 

 

だから、たとえお鍋1個しか入ってない段ボールが出来たとしても、段ボールに詰めるべきです。フタができない段ボールは一番上にしか積めないので、段ボールに詰めたとは言えません。中身を減らせば、フタが出来るのであれば、中身を半分にしてでもフタをするべきです。

 

ちなみに、2tロングであれば30個程度の段ボールであれば、一番上まで積めば1列しか使いません。だから、すかすかの段ボールが多少あったところで、フタさえ出来ていれば誤差の範囲です。引越作業を進めれば分かりますが、30個の段ボールは、かなりの体積になります。

※足りなければ、再利用の段ボールはタダでくれるはずです。

衣装について追記

衣装はハンガー付き段ボールを当日用意してもらえます。

 

 

ただ、こんな感じのケース

段ボール、2.3段分なので、無駄に場所を取ります。

 

 

ヴィトンだとか、バーバリーだとか絶対にしわにしたくないものを厳選して入れるべきです。

これも性質上、どんどん積み上げられるものでもないです。

 

 

まとめ

長々と書きましたが、トラックで走った場合、積み上げても荷崩れしたり、壊れたりしないと引越業者が思える状態であれば、上に積み上げてもらえるわけだから、同じ形の段ボールにどんどん詰めるべきってことです。

 

 

ちなみに

一括見積もりサイトで見積もりを数社頼むと、多分、24時間体制で見積もり依頼を監視している「サカイ」から最初に電話が来ます。そうすると、見積もりに来るのもサカイが最初になります。その後、他の社も連絡が来ますが、サカイの見積もりの時間と「何時間空ければ良いんだろう?」とか疑問に思います。次の予約は1時間後で大丈夫ですが、余裕を見たら90分って所でしょうか。

あとは、最初に来るのはサカイの場合、担当にもよりますが、ネットで調べたりした「自分はこの金額で引っ越した」みたいな金額からみて、下手すると3倍とかで見積もりを出してきます。想像とかけ離れているので、これじゃ、頑張っても1/3にならないから、交渉も邪魔くさいし、お引き取りを願おうとおもって、「分かりました、検討して連絡します」って言うと、「どのくらいを想定されていますか」とか聞いてくるので、素直に東京~奄美なら「40万くらいでしょうか」とかいうと、40ジャストは難しいでしょうが、40万台~50万にはなる気がします。