ETF投資 その1

2020年1月12日

カテゴリー:雑記
財産三分法

基本的な投資スタイルである財産を「株式・債権・不動産」に投資していく財産三分法。この投資信託は結構あります。投信信託ランキング上位のeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)なんかもこれですね。

 

 

株式を①国内・②先進国・③新興国に分け、債券も④国内・⑤先進国・⑥新興国に分け、不動産(リート)を⑦国内・⑧先進国に分けた形ですね。

 

 

 

詳しく見ると、

  1. 国内株式はTOPIX
  2. 先進国株式はMSCIコクサイ
  3. 新興国株式はMSCIエマージング・マーケット
  4. 国内債券はNOMURA-BPI総合
  5. 先進国債権はFTSE世界国債
  6. 新興国債権はJPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド
  7. 国内リートは東証REIT指数
  8. 先進国リートはS&P先進国REITインデックス

に連動する投資信託です。

 

実は、この投資信託も持ってるというか積み立てているので、投資内容が被っているのですが、ETFでも投資をしてみました。

デル株式会社
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Related Articles

ETF投資 その3~債権~

ETF投資 その3~債権~

債権については、国債、海外の国債、社債に投資するETFがあります。 eMAXISの投資信託の場合、対象インデックスは、FTSE世界国債インデックス(除く日本)と、JPモルガン GBI-EM グローバル ディバーシファイドです。 ちなみに、FTSE世界国債といっても、アメリカが50%で、フランス・イタリア・ドイツで25%です。   ETFにも、 FTSEに連動するものとしては、 1677 上場外債 2511 NEXT FUNDS外国債券(為替ヘッジなし)ETF 2512 NEXT FUNDS...

ボタンの数が多すぎる製品を見て、アップルはすごいって改めて思った

ボタンの数が多すぎる製品を見て、アップルはすごいって改めて思った

ティファールの電気ケトル使ってて思った。 アップルはすごいなぁと。 スイッチの数が考えられてるって改めて思った。     温度調整できる電気ケトル、多分ティファールが初めて出した。 画期的だなと思って、買って、しばらく使ってる。   無駄なボタンが多すぎる。   ボタンが4つある。 電源、保温、沸騰、温度調整。   電源ボタンとか、そもそも要らないでしょ。 電源ボタンと沸騰ボタン分ける必要が無くて、そもそも電源オフも必要がない。...

ボタンの数が多すぎる製品を見て、アップルはすごいって改めて思った

ボタンの数が多すぎる製品を見て、アップルはすごいって改めて思った

ティファールの電気ケトル使ってて思った。 アップルはすごいなぁと。 スイッチの数が考えられてるって改めて思った。     温度調整できる電気ケトル、多分ティファールが初めて出した。 画期的だなと思って、買って、しばらく使ってる。   無駄なボタンが多すぎる。   ボタンが4つある。 電源、保温、沸騰、温度調整。   電源ボタンとか、そもそも要らないでしょ。 電源ボタンと沸騰ボタン分ける必要が無くて、そもそも電源オフも必要がない。...

0 Comments

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください