CanonのTS5030Sは返品すべきだった TS5030S

2019年1月18日

カテゴリー:PC&SOFT
うちのCanonのプリンターは、電源を入れても1回でWIFIにつながりません。

つまり、そのまま印刷できないってことです。

WIFIが認識しないので、当然ですが、電源自動ONとか、そういうことはできません。手動電源ONです。この時点で、ごみ仕様なのですが・・・。

機種は、TS5030Sです。

Canonのこれより安い機種は、4色一体型なので、(インクが残ってても捨てないといけないから)なんか損した気分になるから、独立型最安値のこの機種を使ってる人も多いと思います。

 

ちなみに、いろいろな事情で、EPSONのPX-049Aって、これまた安いプリンターも同時使用していますが、こちらは普通に一発でWIFIを認識します。

 

 

1回だと、つながらないけど、2回入れる(1回入れた後に、電源を切って2回目に電源を入れると、どのようなタイミングだろう)とWIFIにつながって、印刷できます。

電源を入れる際に、1回入れて、消して、2回目を入れればいいので、まあ大した問題じゃないかと思ってたので、使っていました。

 

 

ところが、ある日、ふと気づきました。

プリンターはインク目詰まり防止で、電源を入れる度にインクを使います。実際、電源を入れた時点で、音がするし・・・。その際、全色を使います。

だから、電源を無駄に入れると、血よりも高価なインクが減ってしまうという事実に気づきました。

インクは、輸血パックとかの血液よりも高く、一般に生活していくうえで目にする可能性のある液体で、インクより高いのは香水だけ

5色全部買うと、4500円程度しますからね。仮に1000回オンオフできるなら、1回4.5円。もし500回なら、9円ですよ!

インク商法なので、1回電源入れるときに使うインク代は仕方ないとしても、2回目は余分です。

その事実に気づいたのは、結構しばらくしてからなので、速攻でUSBを買ってきて、プリンターの位置も動かしました。

 

ちなみに、電源ONと電源OFF時にインクを減らしたりいろいろな作業をしているので、電源を2度押す作業自体も、パチ、パチっと1秒で終わるような作業ではなく、30秒~60秒ほど無駄な時間が必要です。

 

Canonの全機種を検討したわけでも、EPSONの全機種を検討したわけでもなく、たまたま相性が悪いだけかもしれませんが、相性が悪いと、実害が発生するのでお気を付けください。

 

デル株式会社
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Related Articles

iPhone XSを買った場合 UQで運用すると

iPhone XS 256GBの価格 iPhone XSは、64GBからありますが、実際の運用を考えると、256GBからだと思うので、その前提で表にしてみました。 定価 24回 48回 au 146,880 6,120 3,060 apple 129,800 5,694 2,991 利子込 136,666 143,558 表から分かる通り、本体代金自体は、1回払い、24回、48回と回数を問わず、appleで購入するのが一番安いです。...

iPhone XSを買ってみた

前回はiPhone 7 plus 、前々回はiPhone 6 plusと plusシリーズが登場してから、plusを続けてきましたが、 今回は iPhone XSとサイズダウンしました。 iPhone 7 plus iPhone 7 iPhone XS 高さ 158.2 138.3 143.6 幅 77.9 67.1 70.9 重さ 188 138 177 画面サイズ 5.5inch 4.7inch 5.8inch 解像度 1,920 x 1,080 1,334 x 750 2,436 x 1,125 ただ、表の通り、...

iPhone XSを買ってみた

前回はiPhone 7 plus 、前々回はiPhone 6 plusと plusシリーズが登場してから、plusを続けてきましたが、 今回は iPhone XSとサイズダウンしました。 iPhone 7 plus iPhone 7 iPhone XS 高さ 158.2 138.3 143.6 幅 77.9 67.1 70.9 重さ 188 138 177 画面サイズ 5.5inch 4.7inch 5.8inch 解像度 1,920 x 1,080 1,334 x 750 2,436 x 1,125 ただ、表の通り、...

0 Comments

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください