CanonとEPSONのプリンター エントリーモデル

2018年12月21日

カテゴリー:PC&SOFT

 

Canonのエントリーモデル TS5130とEPSONのエントリーモデルPX-049A、どっちも持ってるので、レビューをしてみたいと思います。

プリンターにスキャナーがついている構造は同じですが、

インクの本数がCanonは5色インクで、EPSONは4色インク

Canonは15000円程度だけど、EPSONは5000円程度と値段が大きく違います。

 

スペックの違いは基本的にはこれだけですが、

実際の使用上大きく違う点があります。

Canonのプリンターは1回では無線LANで繋がらないから、一回電源を入れて、切って、もう一回電源を入れないといけないです。2機種続けてそうだったので、基本そういうごみ仕様なのではないかと想像します。

EPSONは普通につながります。

 

あと、インクが多いと、コストがかさみます。

どちらのメーカーも電源を入れるたびに、クリーニングとか言い出して、インクをもれなく全色消費する仕様なので、インクの本数が多いほど、消費量も増えます。

何ccのインクがカートリッジに含まれているか明らかじゃないので、1cc当たりのコストとかわからないので、4色と5色だと、どちらの方がコストパフォーマンスが不明ですが。無駄になるインクが少ないエプソンの方が、気分的には優れていますw

 

デル株式会社
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Related Articles

ETF投資 その2~REIT~

ETF投資 その2~REIT~

リートについて 日本のリートに投資米国のリートに投資してみました。 日本のリートについては、個別のリートにも投資しているので二重に投資しています。   国内リート 対象のETFは14本あるのですが、東証REIT指数と連動しているのは、そのうち10本です。 流動性というか、時価総額等から考えて、 1343 NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信 1476 iS JリートETF 1345 上場インデックスファンドJリート各月分配 このあたりだと思います。  ...

ボタンの数が多すぎる製品を見て、アップルはすごいって改めて思った

ボタンの数が多すぎる製品を見て、アップルはすごいって改めて思った

ティファールの電気ケトル使ってて思った。 アップルはすごいなぁと。 スイッチの数が考えられてるって改めて思った。     温度調整できる電気ケトル、多分ティファールが初めて出した。 画期的だなと思って、買って、しばらく使ってる。   無駄なボタンが多すぎる。   ボタンが4つある。 電源、保温、沸騰、温度調整。   電源ボタンとか、そもそも要らないでしょ。 電源ボタンと沸騰ボタン分ける必要が無くて、そもそも電源オフも必要がない。...

ボタンの数が多すぎる製品を見て、アップルはすごいって改めて思った

ボタンの数が多すぎる製品を見て、アップルはすごいって改めて思った

ティファールの電気ケトル使ってて思った。 アップルはすごいなぁと。 スイッチの数が考えられてるって改めて思った。     温度調整できる電気ケトル、多分ティファールが初めて出した。 画期的だなと思って、買って、しばらく使ってる。   無駄なボタンが多すぎる。   ボタンが4つある。 電源、保温、沸騰、温度調整。   電源ボタンとか、そもそも要らないでしょ。 電源ボタンと沸騰ボタン分ける必要が無くて、そもそも電源オフも必要がない。...

0 Comments

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください