CanonとEPSONのプリンター エントリーモデル

2018年12月21日

カテゴリー:PC&SOFT

 

Canonのエントリーモデル TS5130とEPSONのエントリーモデルPX-049A、どっちも持ってるので、レビューをしてみたいと思います。

プリンターにスキャナーがついている構造は同じですが、

インクの本数がCanonは5色インクで、EPSONは4色インク

Canonは15000円程度だけど、EPSONは5000円程度と値段が大きく違います。

 

スペックの違いは基本的にはこれだけですが、

実際の使用上大きく違う点があります。

Canonのプリンターは1回では無線LANで繋がらないから、一回電源を入れて、切って、もう一回電源を入れないといけないです。2機種続けてそうだったので、基本そういうごみ仕様なのではないかと想像します。

EPSONは普通につながります。

 

あと、インクが多いと、コストがかさみます。

どちらのメーカーも電源を入れるたびに、クリーニングとか言い出して、インクをもれなく全色消費する仕様なので、インクの本数が多いほど、消費量も増えます。

何ccのインクがカートリッジに含まれているか明らかじゃないので、1cc当たりのコストとかわからないので、4色と5色だと、どちらの方がコストパフォーマンスが不明ですが。無駄になるインクが少ないエプソンの方が、気分的には優れていますw

 

デル株式会社
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Related Articles

ストリベリーネット

ストリベリーネットは、化粧品のネット販売をしている会社で、香港にある会社です。 美容関係のものは手広く扱っており、 スキンケア・メイクアップ・フレグランスと扱っています。 元々の売値自体も安いのですが、 ここは、買えば買うほど(回数)安くなるのがポイントです。 2度目 1%引き 3度目 2% 4度目 3% 5度目 4% 6~9度目 5% 10~19度目 7.5% 20度以上 10%引きになります。 更に3品以上同時注文だと +5%引きになるので 最大売値の15%引きになります。 売値自体、安いので、20度以上買っていると...

アラミック イオニックC シャワー 【1】

アラミックのイオニックCシャワーは、 カタログ的には  ○ マイナスイオン ○ 塩素除去  ○ 節水 の3拍子がそろったシャワーヘッドです。   マイナスイオンは、正体不明なのでおいといて、 浄水機能付きのシャワーヘッドとしては、一般的な価格帯のシャワーヘッドです。   クリンスイみたいに、活性炭などのフィルターを通して浄水するのではなく、化学反応を利用して塩素を除去する仕組みのようです。   C6H8O6(ビタミンC)+ NaClO(次亜塩素酸ナトリウム)...

アラミック イオニックC シャワー 【1】

アラミックのイオニックCシャワーは、 カタログ的には  ○ マイナスイオン ○ 塩素除去  ○ 節水 の3拍子がそろったシャワーヘッドです。   マイナスイオンは、正体不明なのでおいといて、 浄水機能付きのシャワーヘッドとしては、一般的な価格帯のシャワーヘッドです。   クリンスイみたいに、活性炭などのフィルターを通して浄水するのではなく、化学反応を利用して塩素を除去する仕組みのようです。   C6H8O6(ビタミンC)+ NaClO(次亜塩素酸ナトリウム)...

0 Comments

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください