iPhone XSを買った場合 UQで運用すると

2018年9月28日

カテゴリー:ネット関連
iPhone XS 256GBの価格

iPhone XSは、64GBからありますが、実際の運用を考えると、256GBからだと思うので、その前提で表にしてみました。

定価 24回 48回
au 146,880 6,120 3,060
apple 129,800 5,694 2,991
利子込 136,666 143,558

表から分かる通り、本体代金自体は、1回払い、24回、48回と回数を問わず、appleで購入するのが一番安いです。

※appleでの計算は、auの支払いに合わせて、各回均等になるように、総額を回数で割ったものなので、実際の支払い額とは異なります。実際は1回目だけが高いので、2回目以降は表示価格よりも安くなります。
 
 

料金プラン

auとUQの通話プランを合わせるため、auはスーパーカケホ利用時の料金で計算してみました。

スーパーカケホを利用するとau、UQとも、1回5分以内の通話がかけ放題になります。

1G 3G 9G(20G) 21G(20G)
UQ 1年目 1,980 2,980 4,980
2年目 2,980 3,980 5,980
au 1年目 1,980 3,480 3,980 3,980
2年目 2,980 4,480 5,500 5,500

()無しはUQのプランで、()付きは、auのデータプランです。

UQは、3GB・9GB・21GBのプランで、auはピタッとプラン・20Gで計算しました。

データの区切りが違うので、表にすると複雑に見えますが、
 
 
要するに

~9G UQ
9G~20G au
21G UQ
21G~ au

って感じになります。
 
 

まとめ


9Gまでに使用量が収まるのであれば、UQ mobileの方が安いってことです。

24回 1年目 8,912
2年目 9,992
48回 1年目 6,209
2年目 7,289

 
こんな感じです

デル株式会社
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Related Articles

ETF投資 その2~REIT~

ETF投資 その2~REIT~

リートについて 日本のリートに投資米国のリートに投資してみました。 日本のリートについては、個別のリートにも投資しているので二重に投資しています。   国内リート 対象のETFは14本あるのですが、東証REIT指数と連動しているのは、そのうち10本です。 流動性というか、時価総額等から考えて、 1343 NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信 1476 iS JリートETF 1345 上場インデックスファンドJリート各月分配 このあたりだと思います。  ...

ボタンの数が多すぎる製品を見て、アップルはすごいって改めて思った

ボタンの数が多すぎる製品を見て、アップルはすごいって改めて思った

ティファールの電気ケトル使ってて思った。 アップルはすごいなぁと。 スイッチの数が考えられてるって改めて思った。     温度調整できる電気ケトル、多分ティファールが初めて出した。 画期的だなと思って、買って、しばらく使ってる。   無駄なボタンが多すぎる。   ボタンが4つある。 電源、保温、沸騰、温度調整。   電源ボタンとか、そもそも要らないでしょ。 電源ボタンと沸騰ボタン分ける必要が無くて、そもそも電源オフも必要がない。...

ボタンの数が多すぎる製品を見て、アップルはすごいって改めて思った

ボタンの数が多すぎる製品を見て、アップルはすごいって改めて思った

ティファールの電気ケトル使ってて思った。 アップルはすごいなぁと。 スイッチの数が考えられてるって改めて思った。     温度調整できる電気ケトル、多分ティファールが初めて出した。 画期的だなと思って、買って、しばらく使ってる。   無駄なボタンが多すぎる。   ボタンが4つある。 電源、保温、沸騰、温度調整。   電源ボタンとか、そもそも要らないでしょ。 電源ボタンと沸騰ボタン分ける必要が無くて、そもそも電源オフも必要がない。...

0 Comments

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください