バニラエアで定期的に移動するので、どのカバンにするべきか吟味しました。

折りたたみボストンバッグ
icon 

こちらのカバンを買ってみました。

特に何の変哲もない、スーツケースの持ちて部分に引っ掛けられる旅行用のボストンバッグの単独使用です。

 

なぜこのカバンなのか

軽くてちょうどよい大きさだからです。

サイズ展開は、S・M・Lとあります。パンパンに詰めてもLサイズでも機内持ち込みサイズ以下なのですが、パンパンに詰めると、まず重量オーバー(7Kg)になります。

 

敵は重量です。

JALとかと違って、手回り品を含め、全部の荷物の合計が7kgなので、カバンは限りなく軽いカバンを1つだにするべきです。機内持ち込みサイズのキャリーバッグとか、それ自体が1kg以上あるので論外です。機内持ち込みサイズのカバンといえば、サイズ感的にはボストンバッグになりますが、普通のボストンバッグは作りがしっかりしているので、重たいです。だから、軽いボストンバッグってことになりますが、それがつまり、折りたたみ式のボストンバッグってことです。

 

折りたたみだと弱いからすぐ壊れるんじゃ?

国内便の手荷物料金は20kgまで2,000円ですが、当日にチェックにかかると空港カウンター使用料なる罰金が発生し+2,000円取られて、合計で4,000円が飛んでいきます。

荷物の料金が2,000円だってことを考えると、作りがしっかりしていないっていっても、1回や2回で壊れるものではないので十分もとがとれます。

 

サイズ

持ち込み可能サイズが微妙に改定されて、大体の機内持ち込みサイズのキャリーバッグが持ち込めるようになりました。そのサイズ感がまた上手で、パッキングを頑張ったりすると重量制限にかかります。なので、折りたたみボストン、軽いからといって、Lサイズとか論外だと思います。

ゆる~く詰めて、Mサイズで7kgになると思います。

 

できれば、吊り下げ式のはかりとかあるといいと思います。

こういうやつですね