ドローン DJI MAVIC PRO 買ってみました

2017年8月2日

カテゴリー:家電/AV

今流行の DRONE ドローンですね。
買ってみました!

 

全く初めて手を出したので

何を買えば良いのかから迷いました。
1万以下~100万まで、色々あります。

 

ざっくり言うと、昔からあるラジコンにカメラのついたやつ、それが1万程度のドローンです。

5万~になると、キロ単位で電波が届きます。一般にドローンと言われてみんなが想像するのはこちらだと思います。

 

なので、「ドローン」が欲しいのであれば、
5万~のものを買う必要があります。

 

メーカーについて

その次、5万~のドローンを出しているメーカーですが、数社存在はしているのですが、まあ、こちらもざっくり言うとDJIという中国のメーカー一択です。

なので、予算に応じてDJIの機種を選択する形になります。

 

DJIの機種

現行機種の場合、SPARK、MAVIC PRO、 Phantom 4 この3択です。ほかにもありますが、50万とかなので、まあ買える人はどうぞっていう感じです。

 

MAVIC PRO

MAVIC PROのいいところは折りたためる点です。

広げた大きさは、Phantom 4とより一回り小さい感じですが、Phantomは折りたためないので、持ち運びする際の大きさが全然違います。

 

まあ、写真を見た方が早いです。

持ち運びしようとすると、Phantomの場合、

大手ショップのSEKIDOで売ってる写真だと

こんなレベルです。

これは予備のバッテリーなんかも入っちゃったりするので、大仰ではありますが、まあこれの半分はかたいです。

 

Mavic Proの場合は、こんな感じです。

 

うちで使ってるのは、こういうケースですが、本体を入れる方は、スリム型じゃない方のティッシュ箱くらいです。送信機はその晩分くらいです。

 

車で移動する場所でしか飛ばさない前提なら、どちらでもOKですが、旅行にもっていく可能性が少しでもあるなら、MAVIC PROにした方がいいです。

 

デメリット

Phantom 4と比べてデメリットは軽いことくらいでしょうか?

軽いと風に弱いので、それくらいですかね。

スペック的にはまあ、同じなので。

 

追記

スタンダート版と、Fly More Combo版があるのですが、

違いは、

  • バッテリー パワーバングアダプター
  • カーチャージャー
  • バッテリー充電ハブ
  • 予備プロペラ
  • 予備バッテリー
  • ショルダーバッグ

が付属していて、単品で買うよりも1万程度安くなる点です。

ただ、個人的には

  • パワーバンクアダプター
  • ショルダーバッグ

は必要ないと思います。

パワーバンクアダプターは、ドローンのバッテリーでスマホを充電できるようにするものですが、ただでさえ予備バッテリーが必要なのに、バッテリーを減らしてどうするんだ!って感じです。

ショルダーバッグは、上記のケースの方が場所を取らないので、個人的にはいらないかなと。ショルダーバッグだと、それだけでカバン1個になりますが、ケースだとケース自体が他のカバンに入ります。

 

 

デル株式会社
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Related Articles

ETF投資 その3~債権~

ETF投資 その3~債権~

債権については、国債、海外の国債、社債に投資するETFがあります。 eMAXISの投資信託の場合、対象インデックスは、FTSE世界国債インデックス(除く日本)と、JPモルガン GBI-EM グローバル ディバーシファイドです。 ちなみに、FTSE世界国債といっても、アメリカが50%で、フランス・イタリア・ドイツで25%です。   ETFにも、 FTSEに連動するものとしては、 1677 上場外債 2511 NEXT FUNDS外国債券(為替ヘッジなし)ETF 2512 NEXT FUNDS...

ETF投資 その3~債権~

ETF投資 その1

財産三分法 基本的な投資スタイルである財産を「株式・債権・不動産」に投資していく財産三分法。この投資信託は結構あります。投信信託ランキング上位のeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)なんかもこれですね。     株式を①国内・②先進国・③新興国に分け、債券も④国内・⑤先進国・⑥新興国に分け、不動産(リート)を⑦国内・⑧先進国に分けた形ですね。       詳しく見ると、 国内株式はTOPIX 先進国株式はMSCIコクサイ 新興国株式はMSCIエマージング・マーケット...

ETF投資 その3~債権~

ETF投資 その1

財産三分法 基本的な投資スタイルである財産を「株式・債権・不動産」に投資していく財産三分法。この投資信託は結構あります。投信信託ランキング上位のeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)なんかもこれですね。     株式を①国内・②先進国・③新興国に分け、債券も④国内・⑤先進国・⑥新興国に分け、不動産(リート)を⑦国内・⑧先進国に分けた形ですね。       詳しく見ると、 国内株式はTOPIX 先進国株式はMSCIコクサイ 新興国株式はMSCIエマージング・マーケット...

0 Comments

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください