WALKMANのイベントに行ってきました

2016年10月8日

カテゴリー:家電/AV

この前の土曜日 10/8に、ソニーフラッグシップモデル ブロガー限定先行体験会に参加してきました。walkmanのフラッグシップモデルのNW-WM1Zとその一個下のNW-WM1A、そしてフラッグシップモデルのヘッドフォンMDR-Z1Rの体験イベントです。

 

 

本体のWM1Rは30万円、ヘッドフォンのZ1Rは20万円なので合計50万です。しかも税別。

 

 

巨大ヘッドフォン持って電車に乗ると注目度が半端ないので、基本家で使用なのだろうから、ヘッドフォンアンプのTA-ZH1ESもいっちゃうと、+25万なので全部で税込で80万以上のなかなかのシステムです。

 
WM1Aと1Z明らかに音が違います。1Aは体験したことがあります。録音スタジオでスタッフの位置からきいた感じ、つまりマイクを通して聴いた感じを忠実に再現した感じがします。

一方、1Zはスタジオで直接、目の前で歌ってもらった感じがします。いわゆる臨場感が半端ないです。自分は恥ずかしながら、臨場感という意味を初めて体験しました。

 

 

目の前で歌ってもらったとしても、場所が室内であれば、壁に反響した音、天井に反響した音など、様々な音が自分の耳に入ってきます。感覚的に口からでた音が直接真っ直ぐ耳に入ってくる感じがしますが、1Zをつけて聞くと、「あぁ確かにこういう風に聞こえるなぁ」って実感できます。

スタジオにたとえると、1Aはガラス越し、1Zはガラスの内側で聴いた感じってことです。

 

 

 

今回のウォークマンはバランスド端子搭載なので、ヘッドフォンも同時に購入した方がいい気がします。そうすると50万超えですが、スピーカーはもっと高いし、そこまでこだわると、リフォームから!って話になるので、考えようによっては安い気がします。

 

 

音響設備に1システムに50万円投資したことがないし、多分宝くじが当たらないと買わないとは思いますが(笑)、1Aや他の安いウォークマン、その他携帯で音楽を聴いたりすると、これだけの差があったら、まあ50万かな~と納得はしました。

 

デル株式会社
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Related Articles

ETF投資 その2~REIT~

ETF投資 その2~REIT~

リートについて 日本のリートに投資米国のリートに投資してみました。 日本のリートについては、個別のリートにも投資しているので二重に投資しています。   国内リート 対象のETFは14本あるのですが、東証REIT指数と連動しているのは、そのうち10本です。 流動性というか、時価総額等から考えて、 1343 NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信 1476 iS JリートETF 1345 上場インデックスファンドJリート各月分配 このあたりだと思います。  ...

ボタンの数が多すぎる製品を見て、アップルはすごいって改めて思った

ボタンの数が多すぎる製品を見て、アップルはすごいって改めて思った

ティファールの電気ケトル使ってて思った。 アップルはすごいなぁと。 スイッチの数が考えられてるって改めて思った。     温度調整できる電気ケトル、多分ティファールが初めて出した。 画期的だなと思って、買って、しばらく使ってる。   無駄なボタンが多すぎる。   ボタンが4つある。 電源、保温、沸騰、温度調整。   電源ボタンとか、そもそも要らないでしょ。 電源ボタンと沸騰ボタン分ける必要が無くて、そもそも電源オフも必要がない。...

ボタンの数が多すぎる製品を見て、アップルはすごいって改めて思った

ボタンの数が多すぎる製品を見て、アップルはすごいって改めて思った

ティファールの電気ケトル使ってて思った。 アップルはすごいなぁと。 スイッチの数が考えられてるって改めて思った。     温度調整できる電気ケトル、多分ティファールが初めて出した。 画期的だなと思って、買って、しばらく使ってる。   無駄なボタンが多すぎる。   ボタンが4つある。 電源、保温、沸騰、温度調整。   電源ボタンとか、そもそも要らないでしょ。 電源ボタンと沸騰ボタン分ける必要が無くて、そもそも電源オフも必要がない。...

0 Comments

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください