itscom

 

二子玉川RISEにある、itscome studio & hallで行われた、パナソニックの第8回「すむすむ アンバサダー」限定イベント
パナソニックの「住まいの水まわり新商品の発表会」に行って参りました。

 

IMG_5684

L-classっていう新しいラインの水回り製品~バスルーム・洗面・キッチン~の発表会でした。

ちなみに、この「L」の文字は、NHK大河ドラマの「真田丸」の題字も手がけてらっしゃる挾土秀平氏の作品だそうです。

 

 

 

 

 

IMG_5679IMG_5678

照明器具も手がけているパナソニックらしく、照明の色合いが変えられます。なので、夜は落ち着いた電球色、朝は明るい色などといった使い方ができるそうです。

 

 

IMG_5676

カランも含めて、フラットな構造で掃除がしやすそうです。

 

IMG_5672

窓が大きいので坪庭なんかも作れそうです。

 

 

 

 

 

IMG_5675

洗面器がカウンターの上に乗っかる、ベッセル式の洗面台でした。

鏡は、5面タイプです。

鏡の間にある白い線は照明です。照明にも工夫があって、照明が自然光に近い設計になっているそうです。なので、朝、お化粧をした後、外に出てみると思ったよりも濃かった的な事が少ないですね。

 

カウンタータイプの洗面台は、足がなく、ルンバ フレンドリーな設計になっていました。(ルーロか・・・)お掃除が楽そうですね。

 

 

 

IMG_5660IMG_5662

キッチンは冷蔵庫やレンジなどが綺麗におさまる様になっているそうです。

冷蔵庫はだいたい、65cm弱の奥行きがあるけれども、従来品は60cm強のカウンターだったので、冷蔵庫だけ微妙に出っ張りがあったけれども、それが解消したのがポイントだとか。LDKとかのおうちも増えて、キッチンの幅が取れるようになったとかいうのもあるのかも知れません。

 

IMG_5681

細かい処に手が届くのはさすがパナソニック、蒸気が出る炊飯ジャーや電気ポットの収納スペースは、引き出しし気になっているのはモチロンだけども、引っ込めた状態でも、蒸気を吸い取ってくれるので、写真のように収納した状態でも炊飯が可能になっているそうです。

 

IMG_5677

IHは、4つ同時に横に並べて加熱できるそうです。横に並べられるので、二人同時に調理をしたり出来ます。ただ、写真を拡大したら分かると思うのですが、ボタンが多すぎて使いこなせない人多数、という気がしないでもないです。

 

カウンターは人工大理石だそうです。 麺打ちとかパン粉ねとかたのしそうです。

 

 

IMG_5660

換気扇ですが、コンロと連動していて、自動で動いたり止まったりします。それだけでなく、火力を上げると換気扇も強になるようです。

 

ちなみに、この換気扇、CMでやってるもので、10年お手入れ不要らしいです。厳密に言うと「ファンブレード」が10年放置出来るようになっていて、その手前にある板状の部品はお手入れが必要です(写真撮り忘れました)。ただ、その部品は食洗機で洗える仕様になっているので、ラクチンです。

 

 

 

IMG_5671

水栓も進化していて、センサー付きで、かざすだけで水が出たり止まったりします。ガラスのコップなんかでも反応する仕様になっているそうです。

 

 

 

IMG_5652

パンフレットも高級感ある包装になっていて、高級感が漂っています。なので、お値段も若干高めで、上の写真の場合、赤いカウンターの方だと、300万程度だそうです。シンクとコンロの方が200万で、後ろ側の収納が100万だそうです。

 

 

 

お土産に手ぬぐいを頂きました。

美泡湯の手ぬぐいです。

パナソニックがオススメするバブルバスです!

写真撮り忘れました・・・

 

 

今回は、この辺で!