「ロイヤルカナン 犬と猫の健康 アンバサダー・プログラム」のイベントをレポートすべく、interpets 2016の為、東京ビックサイトに行ってきました。

 

カタカナでインターペット2016なのに、英語表記はinterpets 2016、なんで日本語だと勝手に単数になるのか意味不明のインターペット、今年は例年以上に規模を拡大して開催したようです。

 

IMG_5616

2ルーム構成になっていて、最初の部屋では

「何のためにエサ(食事)」が必要なのか、「どういうフードが良いのか」といった事が分かりました。

 

食事が必要なわけ

  1.  エネルギー源
  2. 体を作る材料
  3. 体の働きの調整

食事=必要な栄養素を摂取するためで、栄養素には上記3つの働きがあります。

 

だから、どういうフードが良いのか~フード選びにとって一番大切なものは「栄養素」ってことです。

食事は栄養素を運ぶための手段な訳ですね。

 

だから、

良いフードとは?

  • 必要な栄養素が含まれている
  • きちんと消化・吸収される
  • 食べることで健康が保たれる
  • 美味しく食べられる

こういうことです。

 

必要な栄養素が含まれている

犬は肉食に近い雑食、猫は肉食動物だと言われていますが、必要なのは肉ではなくて、肉に含まれているアミノ酸って事なので、栄養素を摂取できれば、必ずしも肉を食べる必要はないって事で、これが「必要な栄養素が含まれている」って事です。

 

例えば、大豆はタンパク質なので、肉を食べなくてもタンパク質は手に入るわけですね。

 

きちんと消化・吸収される

タンパク質を含む物は、肉以外にもいろいろあって、

チキン vs グルテン どちらが優れているかって考えると

小麦グルテンの方が消化性が高く、タンパク質として優れている!って事らしいです。

IMG_5625

こんな感じらしいです。

 

だから、消化の良いフードは、ウンチの量を見れば分かるらしいです。

ウンチの量が少ないほど、消化性が高いってことみたいです。

 

 

食べることで健康が保たれる

食品の安全性には気を遣っているので、

原材料は人の食品としても使用出来る程の安全基準で、更に、赤ちゃん用の食品としてもOKなほどのレベルらしいです。

 

 

美味しく食べられる

酸化を防ぐパーケージングになっているらしいです。

 

IMG_5633

あとは、食べやすいように、犬種・猫種によってフードの形も違うみたいです。

 

 

フードの栄養バランス

皮膚と毛ヅヤを見れば分かる!

犬はだいたい3週間で皮膚がターンオーバーするので、3週間後の毛を見れば栄養状態が分かるらしいです。

 

 

 

こんな感じに色々と学べました!