Braava ちょっと使ってみて No.2

2015年12月2日

カテゴリー:家電/AV

お掃除ロボットのルンバで有名なiRobotの

ファンプログラム

ルンバ or ブラーバの貸し出しをしていたので、借りてみました。

の第二弾です。

第一弾はこちらです

 

 

ぞうきんについて

セッティングするタオルは、純正の物ではなくて

クイックルワイパーを使うのが手っ取り早いです。

純正のぞうきんは品質が良いのですが、使い捨てではないので、洗う必要があって、ぶっちゃけると、毎回毎回洗うのは面倒なわけで、そういう意味ではクイックルワイパーが良いってことで、それがクイックルワイパーが手っ取り早いって意味です。

 

ただ、この使い方は、なんとなく全自動クイックルワイパー的で、微妙な感じもしないでもないです。。。

 

 

 

水拭き

水拭きモードとから拭きモードがあって、

水拭きモードの場合、ごしごしこする感じで、「少し進んで、戻って、進んでって感じで」掃除していきます。

クイックルワイパーを使うと、から拭きモードで使うことになるので、ごしごししてくれません。

ごしごししてくれると、床に光沢感が出ます。

 

説明書に市販のシートをご利用できますってあるので、クイックルワイパーは正規の使い方といえますが、ウエットは使用しないでくださいとの注意書きがあるので、から拭きモードで「ウエットのクイックルワイパー」を使用するのは正規の使用からは外れます。

ただ、これもチャレンジしてみましたが、後述の畳とは違って、使える気がします。

 

 

 

掃除機との関係

うちの場合、

大きなゴミを目に付く範囲で掃除機で処理して、後はBraavaです。

 

 

この機械があると、毎日拭き掃除が出来るし、

隅から隅まで掃除機という必要がなくなるから、

掃除も簡単になります。

 

ワンルームの場合、掃除機無しで「箒とちり取り」でも大丈夫かもしれません。

 

というか、この貸し出しプログラムって

Braavaとルンバを最初に選んで希望を出すのですが、

自分のライフスタイルというか、掃除機の使い方を考えて、

Braavaがあれば、掃除機の代用になると思ったので

Braavaを希望したのですが、

正解でした。

 

 

 

 

たたみ

説明書きに「畳では使わないでください」ってあるのですが、

大きな声では言えませんが・・・、ちょっと使ってみました。

 

結論

使わない方が良いと思います。

 

掃除が出来るかどうかだけで言えば、出来ます。

 

 

ただ、畳って縁(へり)がありますよね。

よく見ると段差があって、

縁を通過する度にがたんとなります。

日常使いをすると、劣化がはやまると思います。

 

1年単位の長期利用プログラムではないので、レポートできませんが、ブラーバの車輪は、ゴム引きになっているのですが、そもそも耐久性がそれほどあるようには見えません。車輪も消耗品として売ってくれると有り難い気がしました。

 

第三弾につづく

デル株式会社
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Related Articles

DELL XPSの延長保証を後から購入

DELL XPSの延長保証を後から購入

以前、XPSを購入したときの記事の追加です。   保証費用 前回の記事で、 Inspironは、引き取り修理が選べるのに XPSは、引き取り修理が選べないっていう仕様になってると書きましたが、 2020.2.4現在は引き取り修理も選択できます。   なんか、値段とか色々設定が変わったタイミングだったので、表示上の問題だったのかもしれません。     ただ、2018.12の購入時 4年間 Premium Supportは+51,000円  でしたが、 2020.2の時点では、...

テーマ投資のFOLIO

テーマ投資のFOLIO

売り時 その1 FOLIOに口座を開設して、数年たちました。 儲かったもの(プラスを出して現金化したもの)も、含み損を抱えているものもあります。 そして気づいたFOLIOの弱点は、いつ売ればいいのか教えてくれないことです。   自分で考えないといけません。 だから、自分で考えました。 特定の%を設定して、それを超えたら(上がっても下がっても)売ればいいと思います。 ちなみに、自分は1割で設定しています。 まあ、この考え方を実践している人は多いと思いますが。。。    ...

テーマ投資のFOLIO

テーマ投資のFOLIO

売り時 その1 FOLIOに口座を開設して、数年たちました。 儲かったもの(プラスを出して現金化したもの)も、含み損を抱えているものもあります。 そして気づいたFOLIOの弱点は、いつ売ればいいのか教えてくれないことです。   自分で考えないといけません。 だから、自分で考えました。 特定の%を設定して、それを超えたら(上がっても下がっても)売ればいいと思います。 ちなみに、自分は1割で設定しています。 まあ、この考え方を実践している人は多いと思いますが。。。    ...

0 Comments

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください