先日のブローガーミーティングの際に頂いた本の紹介です。

 

ネイマール: 父の教え、僕の生きかた

本自体は、2014.3.13発行なのですが、

東京西川の宣伝で7.31に来日したのにあわせて

てこ入れ?ってことで、

iWireからリリースが出ました。

 

 

新刊じゃないので、アマゾンをはじめ、

書評は色々なところにあると思います。

 

まだまだ若いこれからの選手なので、

子供時代のことから、バルセロナ入りまでが書かれています。

日本での出版日からもわかるとおり、W杯以前の本なので、

W杯については書いてません。

 

 

同じくamazonの本の目次を見たらある程度わかりますが、

同じ出来事を、全編を通じて、父親の視点と本人の視点のそれぞれから切り取っているのが、珍しいと思いました。

 

子供時代~サントスFC~バルセロナっていう経歴で考えると、

たまたまビッククラブが地元にあったっていう関係で、

親子が近くにいたっていうのもあるんでしょうが、

それにしても、全編通じて、両方の視点なのはすごいです。

 

 

英語版だと My story:Conversations with my Fatherって

その点をはっきりと書いています。

 

バルセロナでの暮らしが長くなると、こういう切り口では出版できないので、アイデアの勝利だと思いました。

 

 

 

インフルエンサーワイヤー