奄美群島でインターネットをする場合

フレッツ光が繋がるのは、

奄美大島の奄美市の中心部(旧 名瀬市)と龍郷町

種子島にある西之表市

沖永良部島の和泊町と知名町

そして、与論町です。

 

 

しかも、名瀬市の中心部以外は

自治体が整備した光ファイバー網をNTTが借り受ける形なので

話がややこしいです。

詳しくはこちら

 

 

ざっくり言うと、名瀬市のど真ん中以外は、

価格comとかで良い条件を探すとかは無理で、

NTTと直接取引になるって事です。

 

 

ちなみに、順序としては、自分の経験から言うと

当該自治体に確認(お家まで配線してくれる)→線が来たらNTTに電話

ってなるようです。

 

 

うちの場合、お家までの配線は既にあったけれども、

それがなかった場合、

電柱~自宅 の配線は、自治体が手配するので、

おそらくですが、工事費等は自治体に支払うハズで、

NTTがやっている工事費無料キャンペーンなどの対象にはなりません。

 

 

 

お家の外の配線~室内までの配線はNTTの管轄なので、

その部分の工事費はキャンペーン対象になるので

無料になったりします。

 

 

 

自治体に

線を引いてもらった後は、

詳しくはこちらの「ここに電話してね っていう番号 = 0120-116116」にかけるわけです。

これっていわゆる「116」な訳ですが、

 

ネットじゃ申し込めないから電話でって書いてるから

素直にここに電話すると、

電話を掛けた人間の代わりに

フレッツのサイトで申込みをする際に使うシステムを

オペレーターが操作するだけっぽくて

つまり、システム上、例えば龍郷町は

フレッツの提供エリアじゃないので、

電話の加入者契約持ってますか?とかADSLの話を進め始めます。

だから、どこにお住まいですかとか聞かれても

それに答えずに、

とにかくオペレーターに赤線で表示されている内容を教えてあげて

こういう理由で電話したって伝えないと話がスムーズに進みません。

 

 

ちなみに

奄美大島の場合、その他の地区はADSLになるのだと思います。

 

 

っていうか

http://amamishimbun.co.jp/index.php?QBlog-20131227-1

今時、土木工事を大規模にしようとするから無理があるんで、

Wimaxとかにしておけばいいような?