先日参加した、ダイソンの製品のレビューをしてみたいと思います。

 

ダイソンのAM05 iconは、夏場は扇風機、冬場はファンヒーターとして使える製品ですが、

今回は、ダイソンのモニターとして短期間お借りしただけなので、

季節柄、扇風機として利用は出来ず、ファンヒーターとして利用したレビューです。

DSC07333.jpg

 

 

 

この製品のいいところ

一年中出しっぱなしにできます

一行目とかぶりますが、

夏場は扇風機、冬場はファンヒーターとして使える製品なので、

ただの扇風機みたいに、シーズンオフにしまう必要がありません。

 

 

デザインがクール

羽のない扇風機がかっこいいです。

羽がないので、怪我の心配がありません。幼児がいる家庭でも大活躍です。

なお、ヒーター利用時も、触れないほど送風部分が熱くなるわけではないので安心です。

 

軽い

ファンヒーターとしては軽いです。

だから、お客さんが来たので近くに持って行きたいとか、そういう場合にも便利です。

デザインもクールなので自慢できますw

 

 

使用感

IMG_1281

リモコンが付属していて、

首振り・温度設定・風量の調整が出来ます。

この写真では分かりづらいですが、表面が湾曲しているので、

 

IMG_1282

こんな感じに、本体のてっぺんにアタッチすることが出来ます。

※本体の頂点付近に磁石が内蔵されていているので、きっちり収納出来ます。

 

 

 

IMG_1283

多少、上下に傾けることが可能です。

写真に写っている傾け方でそこそこ限界なので、上下の可動域は狭いです。

 

 

音が気になるという評判について

風量を10段階で設定出来るのですが、

 

扇風機モードだと「10」に設定すると、そこそこの音がします。

音が静かなエンジン車のエンジン音と比べて、どっちがうるさいかな? 程度の音がします。

 

ヒーターモードだと、扇風機モードに比べて、風量が少なくなるので、かなり音が下がります。

昼間、生活音がある環境だと個人的には気になりません。

しかも、ファンヒーターって、風量を最大にして長時間ガンガンかける物でもないので、音については無視できるレベルだと思います。

 

 

風量は10段階で調整できるって書きましたが、

温度も0~37度まで設定出来ます。

0度に設定すると扇風機モードになります。

 

 

 

注意点

ヒーターは、セラミックプレートで温めた空気を送風する仕組みです。

ヒーターモードで使うと、セラミックファンヒーターを使用しているのと同じです。

つまり、ヒーターモードで使うと、電気ストーブを使用している事になります

なので、部屋全体をこれだけで温めるとかそういうのには向きません。

 

 

消費電力もセラミックファンヒーターと同じです。

ちなみに、消費電力は1200wです。

 

※エアコンは、電源を入れてからある程度時間が経つと、消費電力が減りますが、ファンヒーターは違います。だから、最大風量で運転すると1時間当たり(東京電力の場合)30円強の電気代がかかると思います。

 

 

 

まとめ

夏場は扇風機として使えるヒーターとして買うのであれば、デザインもクールだし、一年中使えるし、とても言い製品だと思いました。