HPの工場見学会に行ってきました

2013年10月8日

カテゴリー:PC&SOFT

IMG_1213

HPの工場は、東京の昭島にあります。

PCメーカーで唯一、東京に工場があります。
ただ、全製品ではなくて、ノートの一部は海外生産だったりします。

DSC07285

どの製品(モデル)が東京生産かは、

オンラインストアに「made in tokyo」と明記されているので一目瞭然です。

DSC07298

全長6mのラインで流れ作業で生産されていました。
最大6ライン24時間生産に対応しているそうです。
年度末に企業の注文が増えるとフル稼働になったりするそうです。

1人1分で完了するような作業量を基準にラインを組んでいるので、1分で1台生産される流れでした。

HPはアメリカの会社なので、ミリタリースタンダードっていう基準の品質管理を適用していて、4%の割合でランダムにぬきとり検査をしているそうです。

4%っていうのは、台数ベースではなくて、部品ベースなので、同じモデルでも、内蔵メモリの容量が違うと、別々にカウントされるので、台数だと7%ていどがぬきとり対象になるそうで、なかなか多い気がします。

IMG_1235

どの製品が検査対象なのかは、最後の梱包の際にダンボールに貼るラベルに表示される仕組みなので、検査対象になった製品は、ダンボールのガムテープを一度はがして、製品を再検査した後、またテープで封をすることになります。だから、見た目的に、テープを剥がして、貼り直した感じなので、たまに、「誰かが箱を開けた後があるけど」ってクレームがあるそうです。事情を説明すると納得!らしいですが。

ちなみに、検査対象になった製品はPK、その後の再検査を通過したものには、FAっていう記号が、ダンボールのラベルに表示されています。

IMG_1228

エコ対策で、輸送の際に使うパレットがダンボールで出来ていました。

あとは、家庭用じゃなくて企業で使うシステムなんかだと、

IP Adress、Computer Nameなんかを工場で設定してから出荷してくれるそうです。

厳密には、家庭用でも数十台買えばやってくれると思いますが・・・

1000台とかのシステムの場合、かなり違いがありますよね。

それが、アパレルの店舗みたいに、色んな所に分散してPCがあったりしたら、

更に違いがありますよね。

デル株式会社
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Related Articles

ブリヂストン サブナード 整備5

ワイヤー交換 よく見ると、アウターケーブルが結構痛んでいたので、ケーブルを交換してみました。 アウターだけ交換するのも何なので、インナーケーブルも変えました。 アウターはJagwireにしてみました。ちなみに黒です。一番安かったので。。。       シフター交換 ママチャリのシフターは安く、インナーケーブルだけ変えるとの大差ない金額なので、ケーブルだけでなく、シフターも変えてみました。もともとは、Revoshiftっていう、グリップシフターだったのを、サムシフトに変更してみました。...

GIANT ROCK 4800 整備4

ハンドル部分 ステムがサビサビだったので、ついでに変えてみました。 元々はスレッドステムだったんだけども、アヘッドステムに変えました。 というか、本当はフォークごと変えたい。   ハンドルバーはNITTOのもの(これはそもそも、購入時についていたバーではない)だったんだけど、念の為NITTOのHPを見たところ、同じ型番のハンドルバーがなかったものの、ほぼ同じ型番の同形状のバーで仕様を確認したところ、スレッドステムじゃないとだめですよ的なことが書いてあったんだけども、アヘッドステムをとりあえず買ってみました。  ...

GIANT ROCK 4800 整備4

ハンドル部分 ステムがサビサビだったので、ついでに変えてみました。 元々はスレッドステムだったんだけども、アヘッドステムに変えました。 というか、本当はフォークごと変えたい。   ハンドルバーはNITTOのもの(これはそもそも、購入時についていたバーではない)だったんだけど、念の為NITTOのHPを見たところ、同じ型番のハンドルバーがなかったものの、ほぼ同じ型番の同形状のバーで仕様を確認したところ、スレッドステムじゃないとだめですよ的なことが書いてあったんだけども、アヘッドステムをとりあえず買ってみました。  ...

0 Comments

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください