トムクルーズ主演のオブリビオン 見てきました。

監督は、ジョセフ・コシンスキーで、他にトロン・レガシーの監督もしています。コスチュームとか、全体的に雰囲気が似てました。

ヒロインは、オリガ・キュリレンコで、「慰めの報酬」でボンドガールをした人です。最新作は、スカイフォールでその前の作品が「慰めの報酬」ですね。

あらすじは、Wikiでも見て下さい。

この作品のすごいところは、出演者が4人って所です!

(クレジット的には、もっといっぱいいます)

モーガン・フリーマンが後半に出てくるのですが、

その時点で、安心感が漂いはじめ、

モーガン・フリーマンの展開でエンディングを迎えます。

前半は、ミステリアスな展開ですが、それだけだと間延びするので、

途中お色気シーンを挟みます。

ちなみに、前半と後半でヒロインが違って、お色気シーン担当のヒロインは、

アンドレア・ライズブローで、「サッチャー」を演じた人です。ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー所属の俳優さんです。

後半は、「ドローン」っていう無人兵器との空中戦を始め、ハリウッド映画が楽しめます。

最後のエンディングは、ハッピーエンドなのかな?

なんかよく分からないエンディングを迎えます。

oblivionは忘却って意味なので、忘れてないならOKってことなのか??

オススメ度としては、みてもいいかな って感じです。

お金払って損した、DVDでよかったやん みたいなことは無いと思います。

Skimlinks Test
エアロプレス

ALIENWARE 18 宇宙戦艦ヤマト2199 戦艦Tシャツ ホワイト
ALIENWARE X51 【プレミアムバンダイ限定】1/1000 国連宇宙海軍 連合宇宙艦隊 メ号作戦セット