フジフィルムのフォトブックのレビュー用のチケットが手元にあったので、

京都に行った機会に作成してみました。

 

フォトブックは、ネット上で簡単に作製できます。

 

 

ということで

16Pのソフトカバーのものを作りました。

ソフトカバーは印刷仕上げのみですが、

ハードカバーの場合は、印刷以外に写真仕上げも可能です。

ちなみに、現像した写真を製本して綴じた状態をイメージすると、それが写真仕上げです。

16Pの他、24P(MAX73枚)、  32P (MAX97枚)、 40P(MAX121枚)、  48P(MAX145枚)まで選べます。

作り方編

 

 

001-1

1) 写真をアップします。

16Pの場合は、10-49枚の写真を使用できます。

自分で一枚一枚選ばなくても、撮影した写真をとりあえず全アップすれば、「似た画像の検索」「おすすめ画像の検索」なんかがあるので、キレイな写真を適宜選んでくれます。逆に、ピンぼけ等の綺麗じゃない写真も教えてくれます。そういった情報を元に、使いたい写真をピックアップします。

※綺麗なっていうのは、ビンボケ等を排除してくれるだけで、構図的に優れた写真を選んでくれる機能ではありませんので念のため

 

 

2) 勝手にレイアウトしてくれます。

1)で写真をピックアップした後、「次へ」ボタンを押すと、自動で最終ページまで、オススメ機能等を駆使して自動で写真が配置されます。

自動レイアウトなので、ファイル番号順には並びません。

ということで、旅行の写真を時系列で載せたいとかいう場合は、いちいち差し替える必要があります。

また、この写真を大きくしたいとかいう場合も、差し替える必要があります。

3) 必要があれば、編集します。

0015

ページ自体の入れ替え → ドラッグするだけです。

 

 

0016

同じページ内の写真の入れ替え → ドラッグするだけです。

※配置されていない写真にもドラッグするだけで差し替えられます。

 

ということで、
ページ単位の入れ替えも
ページ内の入れ替えも

ドラッグするだけでOKです。

 

0013

白黒、セピアなんかも一発で変換できます。

もちろん、色調の自動補正もあります。

色補正の禁止も出来ます

 

写真仕上げの場合、FUJIFILMネットプリントサービスを使えば、仕上がり(現像)を確認してから注文も出来ます。L版プリント1枚30円です。

0012

文字の入力も可能です。

ゴシック系、明朝系、楷書系が全部で5種類あります。

 

 

 

まとめると、

全自動で配置後、

  • 写真の位置の変更、もしくは違う写真への差し替え
  • 写真の補正、トリミング
  • キャプションをいれる

といった作業ができます。

 

あとは、注文するだけです。

 

 

 

注文後、2週間程度で現物が届きます。

 

 

~ 商品が届きました ~

作ったフォトブックはこんな感じです。(Fujifilmのサイトで公開することが出来ます。)

 

DSC06863

表紙はこんな感じです。

 

「日本カメラ」とか、そういうカメラ雑誌の印刷をイメージすれば大差無いかと思います。

紙は雑誌と比べると、厚くて、印画紙程度です。

 

 

IMG_1084

表面全面+裏面半分程度で1枚の構図にしたのですが・・・

 

当たり前と言えば当たり前ですが

編集段階だと、全体図が分かってるので脳内補正がかかりますが(笑)

(編集してから時間が経って届いた)本の状態だと、

純粋に表面しか見えないので、構図を考えないと失敗しますorz

 

 

DSC06866

手が写っていますが、中身はこんな感じです。

紙の質や厚みは違いますが、印刷自体は表紙と同じです。

 

 

DSC06206

元の写真(圧縮してしまいましたが)と比べると、

空とか池を比べるとよく分かりますが、結構補正されます。

(そのまま載せるを選ぶと補正されません。)

 

 

新緑の頃で、緑が多かったのですが、銀塩ぽい「しっとりした」感じの色に仕上げてきます。

IMG_1082

最後に、文字についてですが、普通に綺麗に入ります。

 

 
FUJIFILM ネットプリントサービス