ロジクールのPCゲーム用デバイスのイベントに参加しました

 

 

Gシリーズはゲームぶらんむカテゴリの製品群だそうです。

マウスのシェアは、何と60%以上だそうです。

 

 

 

DSC06018

ゲーミングデバイスだけど、ゲームに詳しくないので・・・

でも、上から順に G700s, G500s, G400sってあるらしい。

 

 

 

G400sだと、上位機と比べて

DPIの数値が低いとか、センサー能力が劣るらしい。

DPIが低いと、1インチ 手元を動かした時に、画面上で動くカーソルの距離が短い。

だから、FPSとかで、銃の照準を移動させたりするのに、手元をいっぱい動かす必要があるとかって事だと思う。

まあ、正直FPSやったこと無いので、いまいちイメージが沸かない。

 

 

 

ただ、

8ボタンとか12ボタンついていて、それぞれのボタンに機能を割り当てられるのは便利だと思った。

CTRL + C とか CTRL + P とか、 色々なショートカットをキーに割り当てたら、作業が楽になる。

 

 

値段的にも、G400sって、オフィシャルストアで5,480円なんだけど、それほど高くないので、一考の余地があると思いました。

ちなみに、G700sは、9,980円です。

 

 

上の8ボタンの絡みで言うと、

 

 

G105って Gシリーズで一番安いキーボード

マクロを割り当てられるGキーが6個と

マクロキーっていう名前Mキーで割り当てたGキーをシフトできる機能を持ったキーが3個ある。

 

つまり photoshop でよく使う ショートカットと、ワードでよく使うショートカットは違うけど、

photoshop用のショートカットは M1を割り当てて6種類

Word用のショートカットは M2を割り当てて6種類

って感じに3つのソフトを登録しておくといった使い方もできる。

 

色々な作業がはかどるかなと思いました。