Eye-Fi Pro X2 8GB
Wi-Fi機能付きのSDカード。

これがあると、Wi-Fi機能が無いカメラにWi-Fi機能がつく。

Wi-Fi機能自体は最近のトレンドで、NEX-7の後から出た機種のNEX-6 なんかだと、元からWi-Fi機能がついている。

 

 

無線でPCにファイル飛ばせて便利かと思ったけど、NEX-7だとファイルサイズ大き過ぎで(24M画素)

だるいことになった。

 

 

PCとネットが無線でつながってる事が多いけど、無線で繋ぐとEye-Fiは仕様上、これまただるいことになる。

カメラの画像をiPadに入れたい時、PCに入れたい時とか、いれる先が違うと大変。

ネットを介さずに、直接PCに画像をいれるとかいのも、PCがネットにつながっている状態だと大変。

 

※直接転送=ダイレクトモード っていうモードなんだけど、周囲にLAN環境が無い場合にのみ、このモードが使える仕様なので、自宅で無線LANが構築されていたり、都会でWiFiスポットがあったりすると、大変なことになる。

 

 

ちょっと使い道が分からない仕様だった。

たぶん、1枚だけをアップするのにいちいちカードを出してとか面倒だからって時にしか使えない。

10枚の写真をいっせいにどうこうとかいう時には使い勝手が悪い。

だから、Facebookにその場で写真を載せたい時とかに使うんだと思う。

でも、それならiPhoneでいいやんって話になる。

 

 

アイテムを撮影するとか、1回で1枚じゃないけど、途中で写真の様子を見たいとか、そういう撮影の場合、むしろ、有線でファイル転送できるコードでもあった方が便利だって気づいた。

Apple iPad Camera Connection Kit  をかった。
一々、SDカードを出し入れする必要があるけど、
一回刺すとその後はスムーズでストレスがない。

iPadがカメラストレージになる優れものです。