スマホ研究 part9 対応自体したほうがいいの?

2012年3月26日

カテゴリー:スマホ研究

これも MLで教えてもらいました。

Googleの広告の AdSenseのブログ

「Inside AdSense」の記事に中に

スマートフォン対応は必要?っていうのがあります。

上記の手順でサイトの傾向を確認し、もし下記 2 点が該当する場合は、スマートフォン用の UI (ユーザーインターフェイス)の作成を強くおすすめします。

  • スマートフォンからのトラフィックが20%以上ある
  • スマートフォンからの直帰率や滞在時間がデスクトップより悪い
    極端に直帰率が高い、滞在時間が極端に短い場合、ユーザーがそのサイトのスマートフォンでのユーザーインタフェース(UI) に満足していない可能性があります。

ってなっています。

二番目は、該当しないですが、運営サイトのうち、

一個は30% もう一つは35%でした。

他は10%台でした。

サイト内容によって、モバイル比率は変わってくるから、一概に言えないけども、まあ、やって悪いことはないっていう感じかなと思いました。

デル株式会社
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Related Articles

ETF投資 その3~債権~

ETF投資 その3~債権~

債権については、国債、海外の国債、社債に投資するETFがあります。 eMAXISの投資信託の場合、対象インデックスは、FTSE世界国債インデックス(除く日本)と、JPモルガン GBI-EM グローバル ディバーシファイドです。 ちなみに、FTSE世界国債といっても、アメリカが50%で、フランス・イタリア・ドイツで25%です。   ETFにも、 FTSEに連動するものとしては、 1677 上場外債 2511 NEXT FUNDS外国債券(為替ヘッジなし)ETF 2512 NEXT FUNDS...

ETF投資 その3~債権~

ETF投資 その1

財産三分法 基本的な投資スタイルである財産を「株式・債権・不動産」に投資していく財産三分法。この投資信託は結構あります。投信信託ランキング上位のeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)なんかもこれですね。     株式を①国内・②先進国・③新興国に分け、債券も④国内・⑤先進国・⑥新興国に分け、不動産(リート)を⑦国内・⑧先進国に分けた形ですね。       詳しく見ると、 国内株式はTOPIX 先進国株式はMSCIコクサイ 新興国株式はMSCIエマージング・マーケット...

ETF投資 その3~債権~

ETF投資 その1

財産三分法 基本的な投資スタイルである財産を「株式・債権・不動産」に投資していく財産三分法。この投資信託は結構あります。投信信託ランキング上位のeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)なんかもこれですね。     株式を①国内・②先進国・③新興国に分け、債券も④国内・⑤先進国・⑥新興国に分け、不動産(リート)を⑦国内・⑧先進国に分けた形ですね。       詳しく見ると、 国内株式はTOPIX 先進国株式はMSCIコクサイ 新興国株式はMSCIエマージング・マーケット...

0 Comments

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください