フォトブック by Fujifilm

2012年3月14日

カテゴリー:カメラ

FUJIFILMネットプリントサービス のフォトブックについてです

フォトブックのラインナップから紹介。

名前 印刷 カバー
フォトブック ハードカバー 写真 ハード
フォトブック デザイン 印刷 ハード / ソフト
フォトブック スクエア 写真 リング
フォトブック エーファイブ 写真 リング

 あとは、アルバムブックがあります。

こちらは、ストーリーや挿絵があらかじめ用意されていて、
「たんじょうものがたり」「はじめてのハッピーバースディ」etc と限られた用途向けです。

DSC01067a.jpg

これは、フォトブック ハードカバーの印刷を撮影しました。
髪の毛のあたりの光は、ハレ切りが・・・なので、こちらの都合です。

クリックして頂けると、大きな画像が出て、印刷の仕上がりがよく分かると思います。

文字通り、写真を製本した状態になっています。

ご覧になって頂くと分かると思いますが、

写真画質を求めるなら、当然「写真仕上げ」です。
こちらは、印画紙を利用しています。

印刷仕上げについては、当然ですが、
画質自体については、写真仕上げと比べると見劣りします。

関連会社のFUJI XEROXの印刷機を利用しているそうです。

 DSC01062a.jpg

 こちらは、フォトブックデザインのソフトカーバーです。

40Pとか48Pで厚めの製本にすると、

市販されている写真集のようになって雰囲気が出ます♪

個人的には

写真をメインに、作品として仕上げるなら、写真仕上げ

さらに、ハードカバーにすれば、雰囲気が出ると思います。

枚数を残して、記念メインならば、

印刷仕上げのソフトカバーにすれば、雰囲気が出ると思います。

DSC01063a.jpg

難点が一つだけ

ハードカバータイプで、ページ数が少ないと、

上から見た感じが少し貧弱に・・・

編集について

名前 ソフト テンプレート 全自動
フォトブック ハードカバー
フォトブック デザイン
フォトブック スクエア  ○
フォトブック エーファイブ  ○

 ※ ソフトは、ダウンロード版とWEB版があります。

 ※ スクエアプラス・スクエアエーファイブプラスというのを選ぶとソフトを利用できます。

全てのタイプでデザインにこだわって作れます。

テンプレートというのは、本家では「簡単作成タイプ」という名前になっています。

要するに、テンプレートに写真を配置していくタイプです。

ウェディング用とか、基本的なのは用意されているので、見栄え良く作れます。

初心者でも、アドバイスにしたがって配置していくだけで作れます

全自動というのは、本当に1P1枚配置する的なものです。

あと、ポイントとして

フォトブック デザインはディズニーキャラクターをつかったデザインが出来ます。

FUJIFILM ネットプリントサービス

デル株式会社
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Related Articles

ストリベリーネット

ストリベリーネットは、化粧品のネット販売をしている会社で、香港にある会社です。 美容関係のものは手広く扱っており、 スキンケア・メイクアップ・フレグランスと扱っています。 元々の売値自体も安いのですが、 ここは、買えば買うほど(回数)安くなるのがポイントです。 2度目 1%引き 3度目 2% 4度目 3% 5度目 4% 6~9度目 5% 10~19度目 7.5% 20度以上 10%引きになります。 更に3品以上同時注文だと +5%引きになるので 最大売値の15%引きになります。 売値自体、安いので、20度以上買っていると...

アラミック イオニックC シャワー 【1】

アラミックのイオニックCシャワーは、 カタログ的には  ○ マイナスイオン ○ 塩素除去  ○ 節水 の3拍子がそろったシャワーヘッドです。   マイナスイオンは、正体不明なのでおいといて、 浄水機能付きのシャワーヘッドとしては、一般的な価格帯のシャワーヘッドです。   クリンスイみたいに、活性炭などのフィルターを通して浄水するのではなく、化学反応を利用して塩素を除去する仕組みのようです。   C6H8O6(ビタミンC)+ NaClO(次亜塩素酸ナトリウム)...

アラミック イオニックC シャワー 【1】

アラミックのイオニックCシャワーは、 カタログ的には  ○ マイナスイオン ○ 塩素除去  ○ 節水 の3拍子がそろったシャワーヘッドです。   マイナスイオンは、正体不明なのでおいといて、 浄水機能付きのシャワーヘッドとしては、一般的な価格帯のシャワーヘッドです。   クリンスイみたいに、活性炭などのフィルターを通して浄水するのではなく、化学反応を利用して塩素を除去する仕組みのようです。   C6H8O6(ビタミンC)+ NaClO(次亜塩素酸ナトリウム)...

0 Comments

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください