FUJIFILMネットプリントサービス のフォトブックについてです

フォトブックのラインナップから紹介。

名前 印刷 カバー
フォトブック ハードカバー 写真 ハード
フォトブック デザイン 印刷 ハード / ソフト
フォトブック スクエア 写真 リング
フォトブック エーファイブ 写真 リング

 あとは、アルバムブックがあります。

こちらは、ストーリーや挿絵があらかじめ用意されていて、
「たんじょうものがたり」「はじめてのハッピーバースディ」etc と限られた用途向けです。

DSC01067a.jpg

これは、フォトブック ハードカバーの印刷を撮影しました。
髪の毛のあたりの光は、ハレ切りが・・・なので、こちらの都合です。

クリックして頂けると、大きな画像が出て、印刷の仕上がりがよく分かると思います。

文字通り、写真を製本した状態になっています。

ご覧になって頂くと分かると思いますが、

写真画質を求めるなら、当然「写真仕上げ」です。
こちらは、印画紙を利用しています。

印刷仕上げについては、当然ですが、
画質自体については、写真仕上げと比べると見劣りします。

関連会社のFUJI XEROXの印刷機を利用しているそうです。

 DSC01062a.jpg

 こちらは、フォトブックデザインのソフトカーバーです。

40Pとか48Pで厚めの製本にすると、

市販されている写真集のようになって雰囲気が出ます♪

個人的には

写真をメインに、作品として仕上げるなら、写真仕上げ

さらに、ハードカバーにすれば、雰囲気が出ると思います。

枚数を残して、記念メインならば、

印刷仕上げのソフトカバーにすれば、雰囲気が出ると思います。

DSC01063a.jpg

難点が一つだけ

ハードカバータイプで、ページ数が少ないと、

上から見た感じが少し貧弱に・・・

編集について

名前 ソフト テンプレート 全自動
フォトブック ハードカバー
フォトブック デザイン
フォトブック スクエア  ○
フォトブック エーファイブ  ○

 ※ ソフトは、ダウンロード版とWEB版があります。

 ※ スクエアプラス・スクエアエーファイブプラスというのを選ぶとソフトを利用できます。

全てのタイプでデザインにこだわって作れます。

テンプレートというのは、本家では「簡単作成タイプ」という名前になっています。

要するに、テンプレートに写真を配置していくタイプです。

ウェディング用とか、基本的なのは用意されているので、見栄え良く作れます。

初心者でも、アドバイスにしたがって配置していくだけで作れます

全自動というのは、本当に1P1枚配置する的なものです。

あと、ポイントとして

フォトブック デザインはディズニーキャラクターをつかったデザインが出来ます。

FUJIFILM ネットプリントサービス