BOSEのヘッドフォン OE2 と OE2i

 

IMG_0714.JPG

 

ボーズの新商品の説明会(体験会)にいってきました。
記事の入りも、入り口の写真からですね!

これがないと、体験会っていうイメージが沸かず、テンションが上がりません・・・

 

ボーズ・OE2オーディオヘッドホン
ボーズ・OE2iオーディオヘッドホン
ボーズ・Bluetoothヘッドセット シリーズ2

この3つの製品について紹介を受けました。

今回は、
オーディオヘッドホンの OE2とOE2iについてリポートしたいと思います。

 

  1. OE2 と OE2i の違い
  2. デザインについて
  3. コードについて
  4. フィット感について
  5. 音漏れについて
  6. 音質について

この順で書いていきたいと思います。

 

 

最初は
OE2 と OE2iの違いについて

最後の「i」はiPhoneのiPadなどの「i」で、
OE2iには、
iPhoneやiPadなどApple製品専用のマイク付きリモコンがついています

音量調整、スキップ、一時停止といった音楽再生関連操作
着信応答や終話の切り替え操作などの電話関連操作
が可能です。

違いはこの点だけです。

あ、お値段も違いますね。+3000円程度になります。

BOSEのオンラインショップだと
OE2 は、18,900円
OE2i  は、22,050円 です。

前のモデルは、25,000円程度だったので、かなりのプライスダウンです。

イヤーパッドのスグしたのコードのちょっとした出っ張り部分が
リモコンなのですが、


「耳に近くて操作が若干やりにくいです。」

担当者さんにそう言った所、

「マイク付きリモコンと言うことで、
口元から離れると困るためこの位置だ」
と教えていただきました。

 

 

 

OEということで、on ear型のヘッドフォンなのですが、
コンパクトなのが売りで

P1010647.JPG

 これくらいの大きさです。
iPhoneを置いて撮ったので参考までに。

 

収納ケースもついていて

P1010646.JPG

 こんなかんじです。

 

デザインについて
ドイツのREDDOD DESIGN AWARDというのを受賞したとのことです。

あとは、BOSEにしては珍しく、黒だけでなく、白も展開されています。


 

 

コードについて
写真を取り損ねたのですが、コードは外れます。
若干細めのコードで、断線なども気になりますが、
コードだけ買い換えれば良いので、大丈夫です。

今までのイヤホンは全部、コードが原因で買い換えなのですが、
コードが原因の買い換えがないのはポイントが高いです。

あとは、細めのコードですが、コードをこすっても、
ノイズが乗ったりはしませんでした。

 

 

 

 

フィット感について
コードを除いた本体重量が99gで軽いです。
フィットしている感じがありますが、きつい感じはしませんでした。
なので、長時間つけていられると思います。

 

 

 

 

音漏れについて
音漏れですが、他の人が視聴しているときに、音が漏れてくることはありませんでした。
普通の音量で聞く分には、漏れたとしても許容範囲だと思います。
だから、電車の中でもつかえると思いますが、
カナル型などとは違うので、電車の音自体が逆に聞こえると思います。

 

 

 

最後に
音質について
ですが、
 

中低音は迫力があるので、
そういう音が使われている系統の音楽の方が楽しめると思います。

 

色々なジャンルを聞いてみましたが、
クラシックのピアノよりも、
洋楽(Pops系)の方が、やはりドラムなどの音がリアルに聞こえて
すごい!って思いました。

クラシックもオーケストラは、臨場感が感じられました。



 



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://seamagic.jp/hermes/mt-tb.cgi/1019

コメントする