DELLのパソコン

BTOの元祖といえばDELL

以前は、無骨なデザインのPCでしたが、
最近は一体型のInspiron One 2320なんておしゃれな機種も出ています。

DSC09914.jpg

パソコンフェア2011でも、メインでプッシュしていました。



しか~し、うちでは、あえて違う機種をプッシュしたいと思います(爆)
この2機種ですね。


ノート型と違ってデスクトップ型は、違いが分かりやすくて
Studio XPS 9100 の方は、高性能だけど高くて、87,980円から
Inspiron 620 の方は、控えめの性能だから低価格で、 46,980円から

となっています。



BTOの特徴は、
予算に応じて構成を変えられるということですが、

それは甘い認識です!


(DELLの)BTOの特徴は
あとから、構成を変えられると言うことです。



後から変えられるとどこがいいというのかというと

本当はこっちのグラフィックボードの方がいいけど予算的にとか・・・ 
そういった場合に、
とりあえず、一番安いのをかって、後から買い換えることができると言うことです。


VAIOとかメーカー製の省スペースだと、
購入時点では、色々と仕様を選べますが
DELLのパソコンだと、購入後でも選べます!


パソコンを買う時には、
急に壊れて仕方なくなんてことも多いですが、

そんな急に言われてもお金ないよ
ってことになるので、

とりあえず、資金繰りに影響しない価格に抑えつつ
余裕ができた時に、仕様を変えるというのが可能です。





省スペースは
DELLでも、後から仕様を変えられる範囲が狭いので
せっかくだから、普通のサイズのPCがいいですよということで

この2機種をおすすめしておきます。



あと、最後に重要な点ですが
購入時と違う仕様になると、色々と自己責任になるので、ご注意くださいね。




XPS 9100の筐体です 
 


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://seamagic.jp/hermes/mt-tb.cgi/1012

コメントする