2008年10月アーカイブ

アクセサリーキットのACC-TCH7

結構、人が来ているみたいなので。

使ってみた感想を。

 

前に書いたとおり、

バッテリー NP-FH70  11340円
バッテリーチャージャー BC-TRP  8400円
キャリングポーチ 

がセットになったもので、
実売価格が 12000円程度です。

 

バッテリーチャージャーですが、

使えます。

 

付属のACケーブルよりも軽い60gだし、

大きさも、ほぼバッテリー大と小ぶりだし、

旅行の時なんかにはかさばらなくて重宝します。

 

うちの場合、本体と同時に購入したので、

AC電源は袋から出してすらいません。

箱に入ったままです。

 

 

 

 

キャリングポーチは、

いまいちでした。

結構ちゃっちい単なる袋で、

まあ、むき出しよりマシ?程度のものです。

 

本体を買ったときには収納するポーチ等は付属していないので、

使い道は一応あるわけで、ゴミにはなりません。

 

ただ、ソフトキャリングケースLCS-BBA

いっそ、プラス1000円程度で

これくらいのものが付いていると大変助かります。

 

 

スペース的には、

バッテリーと、チャージャーを入れる場所が付いていて

あとは本体を入れる場所があります。

スペースは余裕があるので、

ワイコン程度であれば、一応入ります。

 

まあ、キャリングポーチはいまいちだけど、

バッテリーとバッテリーチャージャーは使えるので、

買って損はしないと思います

 

Sony Style(ソニースタイル)

直傳靈氣REIKI Japan―レイキの真実と歩み



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

三脚 VCT-60AVから

結構人が来ているようなので、クチコミ追加。

 

前の三脚より少し小さく、

伸長時1,465mm、携帯時480mm

ちなみに、重さは:約1.3kgというスペックですが、

 

伸長時の長さが、目の位置よりも低いので、

撮影時にいちいちエレベーターを動かす必要が出てきたのは

ちょっと面倒。

 

三脚 VCT-80AVだと

伸長時1,670mm、携帯時630mm

ちなみに重さは:約1.7kg

で高さはばっちりだけど、お値段が・・・なので、我慢です。

 

 

以前使っていたのは、

VCT-870RMというやつで、

伸長時1630mm、縮小時670mm

質量:約2kgというスペックだから、

80AVに近いスペックでした。

 

その経験から言うと、

撮影自体は、VCT-80AVの方がエレベーター分、楽です。

 

軽いだけあって多少ちゃっちいので、

エレベーターを動かすハンドルがせこいです。

ただ、この価格帯のものは他のも、同じハンドルなので

この製品が劣ってるわけではないですが・・・

不便には変わりないので。

 

脚もちゃっちいので衝撃に弱いです。

気をつけて使わないとぐらつきます。

これはちょっとマズイかな。

軽けりゃ良いってものでもないのに、

もうちょっとどうにかならなかったのかな・・・。

 

 

 

あと、機能的には、

○オイルフリュードヘッドによるパン&ティルト式

○水平だしや構図のガイドフレーム機能

○水平出しに便利な水準器

○スロー固定ズーム

っていうのが売りらしいです。

 

オイルフリュードじゃないビデオ三脚だったら、

そもそもカメラ用?っていう感じなので、

ノーコメント。

 

ガイドフレームは常用しています。

画面が見づらくなって疲れますが、

結果的には綺麗に撮れます

 

水準器は使ってません。

平面でしか未だ利用したことがありません。

体育館とか・・・

 

 

スロー固定ズーム。

スローになります。

使い道があれば、便利そうですが、

使い道が分かりません(笑)

誰か教えて下さい。

 



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...