VAIO type F 【4】

Sony Style(ソニースタイル)

VAIOの type Fに新型が出ましたね。
Centrino 2搭載ノートです。

Centrino 2になって、
Intelのふれこみ通り、カタログ上は
バッテリーの駆動時間が30分ほど延びているようですね。

あと、内蔵のグラフィックが4500MHDになって、
Direct X10.0対応になったのと、
ブルーレイ再生対応になったことと、

FSBが1066になったのがポイントかな。

 

Centrino 2なので、
選べるCPUも、

T9600、T9400、P8600、P8400
の4種類になったようです。

Pシリーズの方は、
TDP 25Wで省エネだから、
バッテリーの駆動時間は長いんだろうけど、
そもそも、type Fって
外に持ち出せる大きさじゃないから、
関係ないような気もします。

 

 

ところで、type FZの次は、type FWらしいです。
戻ってるのはなぜ?

 

 

 

前のモデルみたいに、
地デジ対応モデルと、対応しないモデルに
分かれていないで
一本になったみたいですね。

 

 

最低価格は、
現在の所、129,800円
地デジ対応で、164,800円ですね。

 

 

地デジを見たい場合は、
クリアブラック液晶+
ATI mobility Radeon HD3470

Windows Vista Premium

2GBのメモリー
を選択する必要があるみたいです。

 

Radeon HD3470は、内蔵のグラフィックと比べて
倍以上の性能があるみたいだし、
Direct X10.1対応なので、
一応、選んで損はない感じかな。

 



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://seamagic.jp/hermes/mt-tb.cgi/961

コメントする