HVL-F58AM

以前の記事で、
新型のフラッシュが発売される話をしましたが、
いよいよ、8月28日に発売されますね。

>従来の動きに加えて、縦位置にも対応した様で、
>そのシステムを「クイック シフト バウンス システム
>っていうみたいですね。
>その他、ハイスピードシンクロとかの性能は、
>厳密に42のカタログを見てないのですが、
>HVL-F42AMと同じではないかと思います。
>価格は、500ドルで発売時期は9月らしいです。

って書いたけれども、
簡単に、縦位置バウンスできるようになっただけでなく、

フラッシュを最大3つのグループに分けて、
任意の光量比を設定するだけで、発光量を自動調整。
深い知識や経験を必要とする多灯光量比制御撮影が手軽に楽しめます。

つまり、
ワイヤレス多灯光量比制御機能もついたみたいですね。

ただ、こちらは、
α700を使用した場合に、
コントローラーは「HVL-F58AM」、
ワイヤレスフラッシュ(RMT)は
 「HVL-F58AM」 / 「HVL-F42AM」、
ワイヤレスフラッシュ(RMT2)は
 「HVL-F58AM」を使用可能

と但し書きがあるので、
これを実現するためには、かなりのコストがかかりますね。

 

アメリカでは500ドルの定価ですが、
日本でも、6万円なので、ほぼ同じですね。

ちなみに実売価格は、5万程度~みたいですね。

 

 

HVL-F58AM 安い順



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://seamagic.jp/hermes/mt-tb.cgi/956

コメントする