SONY α350

SONY α350は持ってないのですが、

自分が持っているα200との相違点は、

大きく4つ

1) ライブビューが可能

2) 画素数(1420万画素)

3) ファインダー倍率

4) 価格

です。

 

 

1) と 3) は技術的にも関係しているけど、
 

>ライブビュー時のAEには、
>画像補正機能「Dレンジオプティマイザー」の
>画像分析技術が応用され、測光精度が向上

ってあるので、
根本的にライブビューを使うことを想定していて

ファインダー倍率は多少低くても問題ないということではないでしょうか。

 

>ライブビュー中も位相差AFを可能とすることで、
>ライブビュー時も光学ファインダー使用時と同じレスポンスを確保した。

 

っていう点からも、

根本的にライブビューを使うことを想定していると思います。

 

 

 

また、1)については、

ファインダーが可動式なので、

運動会や花の撮影に便利かなと思います。

 

カメラを頭より上に持ってきて、撮影できれば

運動会などの人混みの中だととても楽だし、

 

花などを斜め下から撮影したりする際、

楽に撮影できます。

 

 

 

 

2) については、

>ライブビュー時の機能として「スマートレテコンバーター」機能を搭載。
>専用ボタンを押すと、焦点距離1.4倍または2倍の画角に
>トリミングされた画像が撮影できる。

ってあるので、

たとえば、2倍にトリミングした場合、

1420万画素だけども、実質1420万画素じゃないわけで、

これくらいの画素数が必要だってことだと思います。

 

これも、ライブビュー時の機能なので、

やはり、根本的にライブビューを使うことを想定していると思います。

 

 

ここで、4)につながると思うんだけども

α200との差は最終的にライブビューだけだから

(他の違いは、ライブビューの操作性を考えた機能)

ライブビューに2万出せるかという点につきると思います。

 

 

ちなみに、引用符部分は
デジカメwatchから引用しました。

 

α350 公式サイト

 



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://seamagic.jp/hermes/mt-tb.cgi/910

コメントする