ナショナルの電子レンジ 三つ星 ビストロ NE-W300 

 

ナショナルの三つ星 ビストロ NE-W300
家では一世代前のビストロを使っています。

うちで使っている一世代前のものと比べて、
新しいビストロ君は、

(1) マイクロ波が2カ所から発生するので、2品(種類が違うもの)が同時に温められる。

(2) グリル皿の表面温度が高温になった。

という点が進化したみたいです。

 

(1)の機能については、実際どの程度使えるのかは、分からないのでコメント不能です。ごめんなさい。でも、(2)の機能については、かなり期待が持てます。

 

(2)のポイントが高いというのは、
そもそもビストロ君は、オーブン機能、グリル機能、電子レンジとして使えますが・・・

うちでは、
ハンバーグ、唐揚げ、茶碗蒸し、焼き魚、ぶりの照り焼きなどが作れる、
グリル皿を使う調理の確率が一番が高いです。

だから、
グリル機能がパワーアップしたということは、
使用頻度で考えると、かなり違いがあります。

 

具体的な仕上がりで考えると、
ハンバーグ、茶碗蒸し、焼き魚、焼き鳥は満足です。不満な点はありません。
とても満足出来ます。

自分が使っている1世代前の機種でも、素人がフライパンで焼くよりも、ビストロで焼いた方がおいしくできます。 フライパンで返すとかいう作業がないので、形が崩れたりすることもありません。

ただ、ハンバーグに関しては焼き色が今ひとつです。
これは、グリル皿に面している方が温度が低いからだと思います。
だから、新しい機種のようにグリル皿の表面温度が高いと、より良い出来が期待できると思います。

 

唐揚げについては
電気フライヤーで作ると、つきっきりで調理しないといけないし、ふっくらジューシーなどと考えると、揚げている時間も考えないといけませんが、ビストロの場合は、ボタン一つで、ジューシーには仕上がります。

がしかし、グリル皿に接している方が、べたついたりするので、不満がありました。
だから、唐揚げについては、ビストロでも作れるという程度で、フライヤーで揚げた方が上手に出来ました。
もっと言うなら、唐揚げ風に仕上がる焼き鳥です。

逆に「揚げなければ」上手に出来るので、
チキンロースト、焼き鳥、照り焼き等はすばらしい仕上がりです。

 

基本的に、焼き物系はすばらしい仕上がりです。
だから、焼き豚なんかも、すばらしい仕上がりです。

 

ぶりの照り焼きについては、
フライパンの方が、照りが出ておいしそうに出来ます。

 

その他、仕上がりは別にすると
基本的にフライパンで出来る調理は、グリル板で調理可能です。
フライパンと違い、グリル板は、油を使う必要がないので、
ヘルシーコースでなくともヘルシーに出来るので、 オススメです。

 

あと、クリスマスとか年に一度くらいしか出番がありませんが・・・
ローストチキンもすばらしい仕上がりになります。

 

 

 

ビストロ NE-W300を安い順に見てみる。

 

NE-W300の公式サイト



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://seamagic.jp/hermes/mt-tb.cgi/876

コメントする