ソフトの最近のブログ記事

サイバーリンクのPowerDVD 11の紹介です。

 
うちでは、VAIO Lシリーズを使用しています。
 
 
 
 
3D対応のVAIOなので、
視聴用のソフトとして、WinDVD BDというソフトが入っています。
 
 
こちらは、WinDVD Pro 10 相当なので、
ブルーレイの3Dは見られるのですが、
ブルーレイの3D以外の3Dは見られません。
 
たとえば、PowerDirector 10といった、動画編集ソフトをつかって
3D動画を描き出そうとしても、ファイル状態では見れないので、
仕上がりを確認するには、
ブルーレイにオーサリングする必要があり、現実的ではありません。
 
 

ここが落とし穴なのですが、

VAIOには
Windows Media Centerで再生できるファイルであれば
2Dを3Dに変換してWMPで見られるのですが、
元々3Dのファイルを見るソフトはないのです。
 
 
※ バージョンがそのうち上がると思うので、
   次モデル以降のVAIOであれば見ることができるかもしれません。
 
 
 
ということで、
3Dのファイルを見るにはPowerDVD 11が必要なのです。
 
 
 
 
ここで、
元々VAIOには、WinDVD BDが入っているのだから
素直に、WinDVD Pro 11にしたらいいのでは?
と思いますよね。
 
これは、だめです。
 
なぜなら、
WinDVD BDというソフトは
WinDVD Pro 10 相当であって、WinDVD Pro 10ではないからです。
 
下手に、バージョンを上げると、
GigaPocket なんかのTV視聴ソフトに不具合がでるかもしれません。
 
 
  
実際、以前使っていたVAIOでは、
不具合がでて、バージョンを上げることはできませんでした。
 
※試用版があるので、金銭的なダメはありませんでしたが・・・
 
 
 
 
 
 
 
その点、PowerDVDは、何のしがらみもないので
自由にバージョンアップができます。
 
だから、
VAIOで いろいろな動画のファイルを見たい場合は
PowerDVD 11を入れるのがいいのです。
 
 
 
 
 
 
 
ここで、PowerDVD 11の機能の紹介
 
 
ようやく本題か??
 
 
001.jpg
 
  • PCのビデオフォルダーに含まれているコンテンツ
  • ローカルディスクに含まれているコンテンツ
  • Youtube
  • DLNA メディアサーバー
に1クリックでアクセスできます。
 
クリックすると、右側に ビデオの一覧が表示されるので、
ダブルクリックすると再生されます。
 
このように、動画ファイルへのアクセスが簡単になりました。
 
 
 
また、検索バーがあるので、Youtube動画の検索なんかもできます。
 
 
長い前置きで、3Dの動画ファイルが再生できないってぼやいたので
一応、動画ファイルの再生の紹介を一番目に持ってきました(笑)
 
 
 
 
 
 
名称未設定-4.jpg
 
コントロールパネルです。
 
3Dボタンは、これをクリックすると、2Dが3Dに変換されます。
 
 
 
 
 
 
<○> みたいなボタンは、TrueTheaterのパネルへのアクセスボタンです。
これをクリックすると、 ↓ みたいな画面が表示されます。
 
名称未設定-5.jpg
 
 
 
TrueTheater エフェクトディスプレイモードで
設定したエフェクトの効果を確認できます。
 
名称未設定-6.jpg
 
これは元々パソコンに入っていた動画ファイルを ディスプレイモードで表示してみました。
設定は、「自動設定」です。
 
縮小してしまっているので、効果が分かりづらいですが
クリアになって、白が引き締まって見える(右側)のが分かります。
昔ほど、極端に補正しておらず、自然な感じの補正に仕上がっています。
 
 
自動調整があるので、手軽に調整できますが、
もちろん、手動でも調整が可能です。
 
 
 
 
最後に、目玉機能の紹介です。
 
 
123.jpg
 
PowerDVD 11 のメディアサーバー機能を利用して、
Android OS 3.0 を搭載したタブレットで PC に保存された動画や音楽、画像を視聴できます。
つまり、お布団に寝っ転がって、映画が見られます

 



223.jpg

PowerDVD Remote (iPhone、iPad、Android 携帯用アプリ)で 
PC の PowerDVD 11 をホームネットワーク経由でリモコン操作が行えます。

こちらは、iPhoneにも対応しています。
リモコンのついていないPCの場合、便利な機能かもしれません。
 
 
 
 

一番便利なのは
タブレットがワイヤレス・マウスパッドとして機能することかな。



 
 
サイバーリンク
 
 
リンクシェア レビュー・アフィリエイト


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ウイルスバスターモバイル for Androidの紹介です。


 
  • リモートロック・リモート消去
  • 不正アプリ対策
  • Androidの捜索
  • Web脅威対策
  • 省エネ設計
  • SIMカードの保護
  • ペアレンタルコントロール
  • 迷惑電話・SMS対策

が主な機能のようです。
 
 
 
「ウイルスバスター」だから、ウイルス対策はもちろんですが、
注目したいのは そこではなくて
(といより、ウイルス対策についてはどんなものか想像がつくと思いますし)
 
 
  • リモートロック・リモート消去
  • Androidの捜索
  • SIMカードの保護
  • ペアレンタルコントロール
  • 迷惑電話・SMS対策
といった、むしろウイルス対策以外ですね。
 
 
 
 
最初の3つは、盗難対策ですが、
 
リモートロック・リモート消去は、
離れた場所にある携帯のデータを消したり、ロックしたりできる機能
(端末のアラームを鳴らすことも可能)
ということですが、
 
スマートフォンは、たとえばGoogleのサービスで言えば
Gmail、 Google Calendar、 Google Document
といった、WEBサービスと連動可能なので
ガラケー以上に、落とすとやばいことになりますが、
データを消せるのであれば、一応安心です。
 
カードの番号を保存しておくアプリなんて物もありますし。
 
 
 
Androidの捜索
GPSを使ってPC上で端末の位置を地図表示する機能です。
これがあれば、端末の位置が分かるので、
手元に帰ってくる率が上がります。
 
なくした日の行動を思い返せば、場合によっては
おおよその位置が分かれば、手動?GPSで
ピンポイントの位置が分かったりします。
 
 
 
SIMカードの保護
SIMカードが差し替えられたら端末をロックして
悪用されるのを防ぐ機能です。
 
 
これらの3つの機能は、いわば落としたときの保険ですね。
1年版で、2980円なのですが、
保険の機能だけでも、そこそこの価値がありますね。
 
 
 
残りの機能ですが
ペアレンタルコントロール
お子様がいないと、意味のない機能ではありますが
年頃の男の子が、エロサイトを見て変なのに引っかかるのを防いでくれます(笑)
 
まあ、自分が男性、もしくは年頃の男の子の母親で有れば
心当たりがあるでしょう。
そこそこ大事な機能です
 
あとは、出会い系とか、まあ、それなりに色々とほかにも
いわゆる有害サイトはありますし。
 
 
 
 
 
 
迷惑電話・SMS対策ですが
着信拒否をしてくれるアプリがあると便利ですよね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
  ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

VideoStudio Pro X4 Ultimate の紹介です。

 
 
  • 第2世代のCore iへの最適化
  • 64bit OSでのパフォーマンス向上
  • タイムラプス
  • ストップモーション
  • 2D映像の3D化が可能
といった点が X3と比べて新しくなった点です。
 
このうち前者2つは、パソコンを買うしかないのでコメントしようがありませんが、
今、動画編集をするかもしれない人が(素人のお父さんを含めて)
パソコンを買ったとして、
 
第二世代(SandayBridge)で64bit OS以外にするとは思えないので
順当な進化だと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
タイムプラスについて
 

 
youtubeからの貼り付けですが、
こんな風に使えます。
こちらの例だと、 2時間の動画を50秒にしているようですが
逆に、1分の動画を5分にしたりといったこともできます。
 
 
旅行先でビデオを撮ったりすることはよくあると思いますが、
素人がとると、たいてい1カットが長いです。
(自分も素人ですが・・・)
 
 
※世界遺産等で次に移るまでの秒数をはかってみてください。すごく短いです。
 
 
最初から長尺でとってしまったビデオは、
途中で切るというのは編集的に不自然さが目立つので
最初か最後を切るのが無難です、というかそうするしかない。
 

そんなときに、この機能があれば、無難な長さに簡単にできます

 
本来メーカーが想定している使い方ではない率100%ですが
かなり使い勝手がいい機能だと思います。
 
 
 
 
 
 
ストップモーションについては
 

 
こんな感じのものが、公式サイトに載っています。
クレイアニメを作るのに使ったりできるそうですが、
それ以外に使い道が思いつきません。
 
つまり、連続した静止画を繋げる機能ですが、
「繋げるつもりで撮った」静止画でなくても無理なくつながるのかとか
今ひとつ分からないので、検証が必要です。
 
 
 
 
 
 
 
 
後は、Ultimate と普通バージョンの違いについてです。
  • テキスト編集プラグイン『Boris Graffiti』 
  • 手ぶれ補正フィルター『proDAD Mercalli
この2つが Ultimateにはついています。


手ぶれ補正については

 
こんな感じのようです。
 
元画像自体、ここまで普通ぶれて撮るか?? ぐらいぶれていますが
これくらいぶれても大丈夫なようです。
 
このソフトというか機能はEdiusとか、プロ用の 価格が1桁違うようなものにも
使われていたくらいなので、かなりおすすめの機能です。
 
 
 
 
Boris Graffitiについて
 

Corel VideoStudio Pro X4: Graffiti Showreel from Corel Café on Vimeo.

 

 
これは、こんな感じのタイトルが作れるだけのプラグインですが、
 
平面文字のキャプションみたいなタイトルだと
いかにも、素人臭いのが
これを使って、タイトルを作るだけで
かなり見栄えがよくなるので、かなりおすすめの機能です。
 
 
 

コーレル株式会社 Corel ストア ビデオ & DVD 編集



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ウイルスバスター2012 クラウドの紹介です。

 
 
 
 まず、ウイルスバスター2012は 大きく、2種類の製品があります。
 
  •  ウイルスバスター 白
  •  ウイルスバスター 赤 
 の2種類ですね。
 
 
 赤+「保険・PCサポート」=白 です。
 
 
 
 
 また、それぞれ、1年版・2年版・3年版があります。
 

 

 

 
1年 4,980円 6,980円
2年 8,980円 11,900円
3年 11,800円 15,980円

 

 

※それぞれ ダウンロード版の価格です。
※値段は、税込み価格です。
 
11/1~12/31までの期間限定で
3年版を買うと2ヶ月無料期間がプラスされるキャンペーンが展開されています。
 
 
 
 
 
1ライセンスで、3台のPCまで使えます。
 
ライセンスが残っている間に、PCが壊れたりして買い換えた場合でも
やば、4台目だからだめじゃん! ってことにはならず
 
登録をし直せばOKです。
 
 
 
 
ダウンロード版があるのもポイントです。
うちのPCは、軽量モバイルなので
DVDドライブがありません。
だから、CDをつかったインストールをする際は
デスクトップのドライブを外して繋げるという作業がいります。
その点、ダウンロード版だとそういった作業がいらないです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
保険について
クレジットカードの不正使用を、年間最高100万円まで保証してくれます。
 
しかも、フィッシングサイトに引っかかったなどの
ネット上のトラブルだけでなく
盗難されたカードを使われたなんかの物理的被害に対しても有効です。
 
 
ただ、ユーザー登録した本人のカードだけが対象なので、そこの所は注意です。
 
 
PCサポートについて
受付時間は 365日 9:00~24:00 です。
 
OSの操作方法
インターネット、メール等はもちろん、
ワードやエクセルといったオフィス系のソフト
PowerDVDといったマルチメディア系のソフトのサポートもしてくれます。
 
 
 
2011からの新機能としては
SNSプロテクションあります。
ほかにも、色々あるけれど、普通に使ってて関係あるのはたぶんこれです。
具体的には、acebookやmixi、TwitterでのURLリンクの、安全性を評価してくれます。
 
 
 
 
クラウドってあるから、
HDDの使用量が他社のと比べて、少ないのかというとういうわけでもなく、
至って普通というか、ほかの製品と同じで350MB前後のようです。
 
 
後は、
肝心のTrendツールバーというアドオン
起動が若干遅いみたいです。
 
ただ、起動が遅いだけで、起動後は
他社のと比べるとメモリーの使用量が少なかったりするので、
ギリギリでがんばっている人なんかはポイントです。
 
というか、H系サイトをブロックしたりするので、
機能を切っている人もそこそこいるようですが・・・
 
 
 
 
 
 
 
最後に
マカフィー ノートン とこの製品の最大の違いはなんか?
 
答えは値段です。
全部入りなのに、一番安いです。
 
 
 
 
今後の展開としては
3台まで入れられる範囲が
WIN MACだけでなく Androidまで対象になってくれるとうれしいですね。
 
ATOKの月額版は、すでにそうなっているので、
実現される可能性はそこそこ高いのではと思います。
 
 
 
 
 
気になった方は

30日無料体験版 があるので、とりあえず入れてみてはどうでしょうか。

 
 
  ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

世の中には、ウイルスがいっぱい出回っていますが、
ウイルスソフトもいっぱい出回っています。

ウイルスソフトの機能はっきり言って、どれでも同じです。
※厳密には多少、ウイルス検出性能が違います

大きく違うのは、駆除機能以外の点です。


その点、ソースネクストのウイルスセキュリティZEROは、
その1・・・安い
その2・・・簡単
で いう事ありません。

安いというのは
このソフトの一番のセールスポイントで
なんと、
Windowsの公式サポート期間中、毎年の費用負担も、更新の手間も、期限切れのまま使う危険もありません。

つまり、最初にお金を払えば、今までのソフトと違って毎年買い換えていく必要がないということです。
VISTAの場合は、現在、マイクロソフトが公式にアナウンスしているサポート期限は2015年4月11日までなので、そこまでは使えます。

簡単というのは、

その1 勝手にアップデートしてくれます
普通のソフトだと、アップデートしますか? とかきいてくるけど、うざいですよね。
「んなもん、するに決まってるだろー  いちいち聞くなよ」って みんな思ってるはずです。

その点、このソフトは黙って勝手にアップデートしてくれます。
確か、「アップデートしました」位は出たかもしれませんが、それもほっとけば1分ほどで消えます。

その2 自動駆除してくれます
普通のソフトだと、
ウイルスを発見しましたって まず知らせて
駆除しますか? ってきいてきて
駆除しました って知らせてきますよね。
「そんなもん、ソフトいれてんだから、駆除するにきまってるだろー」って みんな思ってるはず。

その点、このソフトは黙って勝手に駆除してくれます。
これも確か、「駆除しました」って結果は教えてくれるかもしれませんが、それもほっとけば1分くらいで消えます。

普通のウイルス駆除のソフトは、
いちいち 色々知らせてくるので、うっとうしいですが
このソフトは うざくない! ありがたいソフトです。

このソフトにするだけで、ストレスが99%減ります。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...